「ほっ」と。キャンペーン

グランドプリンスホテル新高輪エレベーターホール

c0161364_19125283.jpg

中庭の木々がよく手入れしてあり、美しかったです。


中島みゆき「夜会 Vol.15」  於:赤坂ACTシアター
今回、中島みゆきの夜会を、一度は観てみるのもいいだろうと大枚2万円をはたいてチケットを購入し、12月11日の夜に観に行きました。

事前抽選購入に当たったものですが、席は1階V列なのでかなり後ろ(二十数列目か)。でもACTシアターはどの席からも見やすいというホールの宣伝文句をどこかで目にしていたので、舞台全体が見えればいいや、くらいの気持ちでした。

夜会は、中島みゆき本人いわく「コンサートとも芝居ともミュージカルとも称しがたい何か」というイベントだそうです。それに歌われる楽曲はすべて新曲だそう。

演劇好きの私としては、中島みゆきの歌唱が聴けてストーリー展開らしきものも楽しめるならと期待していました。ACTシアターに足を運ぶのも初めてだし。

結果は、「……………」。構想・演出・音楽すべて中島みゆきが行ったそうですが、いったい何を表現したかったのかさっぱり私には分かりませんでした、とほほ。唯一良かったのは中島みゆきの声。

これだったら2万円で普通のコンサートを聴きたかったですね。客席の反応も微妙で、通常、舞台なりコンサートなりの幕が降りると、同時に、いっせいに拍手が沸き起こるものですが、一瞬間があいてから拍手が鳴り出しました。しかも熱狂的でなく。

私が思うに、今回会場を収容人員800程度のシアターコクーンから1500近いACTセンターに移したが、いろいろな目算・打算・商売根性を出す連中がおり、結果的に入場料設定が上乗せ上乗せそして上乗せされてしまったのではないでしょうか。妙ちくりんな舞台装置を付け加えて。私はいままでの夜会がどんなものか知りませんが、コンサートとしても中途半端、音楽劇としても中途半端、とても2万円に見合うパフォーマンスがされたとは感じられません。

まあ、中島みゆきのファンだったら納得するかもしれないし、また行きたいと思うかもしれません。そのへんは見解の相違でしょう。 年明けから大阪公演を行うそうです。

(追記)
VOL.14は青山劇場で同じく2万円だったと後刻、別の記事で読みました。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-12-12 12:11 | 旅行 関東 | Comments(0)


<< フェルメール展 グランドプリンスホテル新高輪 >>