南海電鉄の車内にて  過ぎゆく2008年に思いをよせて

c0161364_8592068.jpg

今日で2008年が終わりますが、皆さんにとってどのような1年でしたか。

連続する時間の流れの中で、今日と明日に大きな違いがあるわけでなし、浮かれ騒ぐのは意味ないという意見もあります。でも私のような怠惰な者にとっては、そこそこに節目をつくっておくと気分が一新され、また新たな気持ちでやっていこうと前向きになれるので、大騒ぎをする必要はないけれど、区切りを設けるのはいいことだなあと思っています。



なんば駅から関空行きの南海電鉄に乗ると、横を高野山行きの電車などがしばらく並行して走ったりします(新橋あたり、山手線や京浜東北線に乗るときも同じ光景を目にします)。

さまざまな人生を詰め込んで走る2つの電車が、ある時点でそれぞれの目的地に向かって分かれていく。線路のカーブに沿って離れ小さくなっていく電車を見ているといつも感傷的になります。



皆さんにとりまして、2009年がよい年でありますように。

たまにはまた、このブログものぞきに来てください。

[PR]
by matuhuji-k | 2008-12-31 09:36 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)


<< クッタラ湖 赤水 大阿蘇火の山温泉・どんどこ湯 >>