登別温泉 滝本イン デスク周り

c0161364_10115987.jpg

デスクに電気スタンドが備えてあるのは好印象。その横にあるのはドライヤーです。

滝本インは、毀誉褒貶のはげしい宿だと、私は思うところがあります。

登別に行く計画をたてるとき、どこに泊まろうかとネットで検索すれば、1人で泊まれる宿はごく限られています。

料金面で滝本インは常に筆頭候補となるのですが、いわゆる口コミ情報の欄をみれば「食事がお粗末」だの「部屋が古すぎる」だの「接客が悪かった」だのマイナス評価が目につくので、ずっと躊躇した揚句、結局ほかの宿を選んできました。

今回、正規の料金の半額相当を割り引いてもらえる某福利厚生関係の補助券があったので、いったい本当のところはどんなものなのかと泊まってみたのです。



滝本イン宿泊者は、第一滝本館の大浴場「温泉天国」を24時間 無料で利用できます(本当に天国のようなところですよねえ)。これは大きなメリットだと思います。

第一滝本館の大浴場は1500坪のスペースに男女合わせて35の浴槽、それにプールまであり。7つの泉質が楽しめるし、(源泉温が高いので加水しているが)じゃぶじゃぶ掛け流し。気持ちいいです。それに寝湯などは長く浸かれるよう40度弱のぬるめに設定してあるので、私のような熱風呂が苦手な者には快適です。

この「温泉天国」のみ日帰りの立ち寄りで利用すれば1回2千円なので、翌日の朝風呂まで利用すれば、それだけで4千円相当です。第一滝本館の浴場を利用できるのが一番のメリット、滝本インの施設の古さなど二の次という利用者の声が多いのもよく分かります。

滝本インの部屋から見る眺め
c0161364_10534967.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-01-30 10:10 | 温泉 | Comments(0)


<< 登別温泉 滝本イン ホテル前 登別温泉 滝本イン >>