雪の札幌。 「すし善」大丸店で昼食

c0161364_19535070.jpg

c0161364_19533231.jpg

空からは雪が降り、地に積もった雪は踏みしめられて とけかかったシャーベット状になっているものだから、歩きにくいです。間の悪いことに、はきふるした靴なので浸みてきました。

街をうろうろしながら食事するところを探すのは止めて、札幌駅横のデパート・大丸のレストラン街にあるすし店「すし善」で昼食をとることに。12時30分の食事どきでしたが、平日のためか待たずに入ることができました。カウンターかテーブルかと訊かれ、ランチどきに一人でテーブルを使うのも気が引けるのでカウンターへ。

最初からお好みでいくのは財布がもちまえん。2625円のセットメニュー「志野」を注文。あまり考えずに、「織部」「志野」「乾山」と三段階のメニューで真ん中を選ぶところが小市民的というか、ちょっと心に やすりがかかったような感覚がしたが仕方ないです(苦笑)。

カウンターには、私のほかに客は2組。その後、中年の女性が2人 別々に(連れではないという意味)やってきました。女性陣は常連のようで、板前さんと最近の状況などを近しく話していました。

セットメニューの寿司は、ウニ・イクラ・カニなどを含む全部で10カン。それにお椀。

追加で、煮ダコ、こはだ、蛤、白子、タマゴを注文。ここ「すし善」ではお好みで頼んだものは特に注文をつけなかったのに、1カンずつ出してくれました。これは有難いですね。お好みは2カン単位という店も少なくありません。もう若くもない身としては、2カンずつだと食べられる種類が限られるし。タマゴは2種類の中から選ぶことができました(普通の卵焼 or カステラ様のふわふわしたもの)。

精算したら、全部で5250円。レシートにネタの名称は記載されてありませんでしたが、210円、315円、420円、630円、1050円と刻字が。お好みで頼んだのはどれも単価はばらばらだったよう。これだと、白子は1050円、タマゴは210円、蛤が630円というところでしょうか。うーん、やっぱセットメニューってお得ですね(苦笑)。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-02-03 20:46 | 旅行 北海道・東北 | Comments(0)


<< 札幌 時計台 登別から札幌へ 札幌は雪、雪、雪、 >>