香港から台北へ AUG.1999

c0161364_20221179.jpg

1999年8月24日午後9時すぎ、中華航空機は台北に向けて出発しました。
先立つこと出発ゲートで、台北乗り継ぎで日本へ向かう搭乗券を持っている者は、到着したら係員の指示に従うように言われました。

おおっ、空港内に寝場所を確保してもらえるのでしょうか。
よく雪や台風時にテレビのニュースなどで見るように、毛布を支給されリノリウムの床かベンチに横になるのでしょうか。夏だから、毛布じゃなくてシーツかな。でも枕がないと眠られないなあ、とかそんなことを考えていました。

午後10時半前に台北着。飛行機を降りてターミナルビルのフロアに出たところに集合させられます。ざっとみて50人前後でしょうか。空港内の会議室あたりに連れていかれるかと思っていると、係員が日本語で説明することには、何と、これからバスで空港外のホテルへ連れていくというのです。そしてその費用は中華航空(チャイナエアライン)側が負担する、ホテルでは簡単な食事も用意しているとのこと。こりゃ不幸中の幸いです(^^)。

注意されたのが、「あなたたちは入国手続きをするのではない、トランジット中である。だから、ホテルに着いた後は、絶対に外出禁止である。外出した場合、罰せられる」ということ。

通常 入国審査が行われるゲートの横を通り到着ロビーへ出て、さらに脇の通路から裏口に停めてあった大型バスに乗り込みました。

(続)
[PR]
by matuhuji-k | 2009-02-18 23:13 | 旅行 香港 | Comments(0)


<< 桃園假日飯店 香港国際空港 >>