スターバックスコーヒー タンブラー

c0161364_20314862.jpg

職場から自転車で10分程度の距離にスタバがあるので、たまに運動を兼ねて買いに行ったりします。

私はタンブラー(プラスチック製の容器;水筒のようなもの)を買っていて、これを持って行くと1杯につき20円割り引いてもらえます(全国共通の制度のよう)。タンブラーの値段は千円程度だったので50杯で、「もと」をとる計算です。それより、かっちり密閉できて運搬中もこぼれる心配がないし、心もとないとはいえ、プラスチックが二重になっているので少しく保温効果があるのがタンブラーの利点です。

買ったスタバを職場で飲んでいると、周りの反応はさまざまですが、「贅沢だねー」という声が一番多いです。タンブラーの大きさに合わせてグランデサイズをいつも注文していますが、20円引いたとしても400円。「えーっ、400円もするの?ほか弁と同じくらいだね」と言われます。確かに考えようによっては、贅沢だなと思いますが、、、。

これまでは、コーヒーを詰めて蓋をしたあと渡してくれていましたが、今日行ったら「今度から、蓋はお客様自身でしていただくことに変わりました」とレジのところで、蓋だけ先に渡されました(え、、、)。「量をごまかしてるんじゃないのかぁ?」とか、ほかの客とトラぶったのでしょうか。蓋を手に持って待ってるなんて、傍から見たら何か間が抜けてるように思えます(自意識過剰かな)。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-02-23 20:57 | 日々の暮らし | Comments(0)


<< ゴンピン360 22 FEB.2009 休日 >>