ピエール・マルコリーニ

c0161364_8182342.jpg

ピエール・マルコリーニはショコラティエ。写真は銀座の店(東京都中央区銀座5丁目5-8)。中央通りと並木通りに挟まれた通りの一角にあるので地図なしで探すと分かりにくいです。

国内にはこのほかに東京駅店(東京駅構内B1)や羽田空港店(第2ターミナル2F)、名古屋店(ミッドランドスクエアB1)があります。通信販売もあり。

チョコレートもおいしいのですが、マルコリーニは(値段が張るけど)アイスクリームがおいしいと思います。東京に行ったときはよく銀座店でコーンを買い求めて食べてます。シングル630円、ダブル945円。東京駅・名古屋の各店でもアイスを食べられるようです(羽田展ではあらかじめカップに詰められた商品を販売)。

フレーバーとしてはチョコレート、バニラ、キャラメル、アールグレイティー、コーヒー、アーモンドミルク、フランボワーズ、マンゴ、バナナなど(このほかに期間限定商品など)。

少し前から「スモールダブル」といってシングルの値段で2種類の味が楽しめるものも販売しているようです。小ぶりのダブルですね。

店先の 背の高いテーブルでは、昼休み中の会社員などが談笑しながらアイスを食べてました。

c0161364_8183890.jpg

私は、安物のチョコと高級チョコの味の違いがいまひとつ分からない鈍感舌なのですが、この「クールフランボワーズ」という、ホワイトチョコの中にラズベリーで香りづけしたビターガナッシュの入った期間限定商品はおいしいと思いました。1粒315円。

c0161364_8185126.jpg

こちらは「トリュフ シャンパーニュ」という、ミルクチョコの中にシャンパンで香りづけしたガナッシュ入りのもの。シュガーパウダーでコーティングしてあります。こちらも期間限定商品。315円。

個人的な感想としては、チョコレート2粒よりシングルコーンのアイス1個のほうが満足指数は大きいかなあということでしょうか。私はチョコレートの味の繊細さは区別できませんので(苦笑)。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-26 08:52 | 旅行 関東 | Comments(0)


<< ルーブル美術館展~美の宮殿の子... 日本の美術館名品展(東京都美術館) >>