ARTIST FILE 2009

c0161364_10421457.jpg

ついでといってはなんだけど、国立新美術館の企画展示室2Eで開催されている「アーティストファイル2009~現代の作家たち~」も観てきました。

5月6日まで開催。当日券は、一般1000円、大学生500円、高校生や18歳未満、障害者手帳持参の人は無料。開館時間は午前10時~午後6時(金曜日は午後8時まで)。火曜日休館(5月5日は開館)。

このアーティストファイル展は、国立新美術館の学芸スタッフが日頃のフィールドワークの中で注目する作家たちを取り上げ、それぞれを個展形式で紹介する展覧会だとか。今回は9名の作家が参加しています。

私のような芸術に素人の個人的感想としては、千円も入場料をとる展覧会としては中身が?
確かに自らの思いをなにがしかの形で表現したものは何でも「芸術」となりうるのですがねえ。玉石混交もいいところ。

現代美術は難しい という思いをさらに強くしただけで会場をあとにしました。やはり歴史の波に洗われていない芸術作品は存在感が薄いと思います。入場料が100円だったら楽しく鑑賞できたかも(苦笑)。

出口付近で、展示していた「おみくじ」や プラスティック製の造形物と同じようなのを販売していたのには さらに興ざめしました。 そういったのを商売にしてはいけません。昔、西原理恵子の原画展でカプセルに入れた「おみくじ」を販売していたのを思い出しました。そっちのほうがまだ納得できるけど(最初から商売でやってるからね)。

c0161364_10434538.jpg

国立新美術館へは地下鉄を使い乃木坂駅直結で来たので、帰りは散策を兼ねて六本木駅方面へ歩いていきました。外へ出ると、少し曇っていましたが光があふれていて、咲く花がとてもきれいでした。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-26 11:13 | 美術展 | Comments(0)


<< 立川志の輔独演会 ルーブル美術館展~美の宮殿の子... >>