立川志の輔独演会

c0161364_19205120.jpg

今日は肌寒い一日でしたが いかがお過ごしですか。

私は、立川志の輔独演会を聴きに、福岡天神のエルガーラホールへ行ってきました。
前売券は完売してて、当然ながらほぼ満席でした。

立川志の輔を福岡で聴けるとは思ってなかったので、わたし的には良き一日でした。

弟子2人が前座を務めたのち、志の輔師匠が登場。新作一席「親の顔」と古典一席(題目は知りません。オチが「これが『鶴の一声』じゃ」というやつ)を演じました。

新作のほうのマクラは 以前「全日空寄席」で聴いたときと同じでしたが、うまい落語家の話は、オチが分かってても何度聴いても可笑しいですね。それが真の芸というものでしょうが。

このあと、福岡へは結構 有名どこの噺家がくるようです。楽しみです。
もらったチラシから引用すると、

5月16日(土)午後4時~ イムズホール(福岡市) 桂米團冶 独演会
5月30日(土)午後4時~ イムズホール(福岡市) 林家たい平 独演会
6月27日(土)午後2時~ 福岡市民会館(福岡市) 桂ざこば・三遊亭楽太郎 二人会
7月20日(祝)午後2時~ 福岡国際会議場(福岡市) 立川談春 独演会

問合せ先はいずれも、キョードー西日本(TEL092-714-0159)のようです。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-26 19:39 | 音楽・演劇 | Comments(0)


<< 銀座の郵便ポスト ARTIST FILE 2009 >>