滝本イン ふたたび

c0161364_20194517.jpg

また滝本インに泊まりました。
偶然の一致か、フロントが意図したのか知りませんが、前回泊まった時と同じ部屋をあてがわれました(苦笑)。

今回も滝本インの内湯は貸切状態で、堪能しました。また、第一滝本館の大浴場も平日夜だったのでゆっくりいれました。入口で行われている無料の冷茶サービスがいいですね、おいしくて風呂上がりには(ただの茶ではなく、漢方茶のようです)。

夕食はセットメニューで、内容はほとんど前回泊まった時と同じでした、メイン料理がホッケの焼き物と陶板ステーキである点も。食後に3種のミニケーキとカットフルーツが出てくる点も。

宿泊客は何組もいたけど、夕食付のプラン一人旅組は今回は私だけで(前回はほかにもいたのです)、やっぱそれぞれが談笑しながら食事をとっているときに一人で食べるのはちょっとさびしいものがあります。

また、朝食もバイキング方式で、品数も内容も前回と同じでしたが、湯豆腐がひどく うまそうに見えたので、今回は和食を食べました。

ツインルームを1人で使用し、1泊2食で9775円でした。第一滝本館の大浴場が滞在中なんどでも無料で利用できることを考えると、本当に良心的な料金設定です、私にとっては。

エレベーターの表示ボタンが古いを通り越してレトロ調になってます。またエレベーターホールのソファもいい感じです。

c0161364_20235863.jpg


登別温泉の商店街はあまり大きくありません。でもお約束のように、お客のいない、ふた昔前の機種の並んだパチンコ店や、昭和の雰囲気いっぱいの土産物店もちゃんと存在してます。つきあたりに見える、夕日にオレンジ色に映える建物が第一滝本館です。滝本インは第一滝本館の手前左側にあるのですが、写真には写っていませんね。
c0161364_20425286.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-30 21:02 | 温泉 | Comments(0)


<< 登別地獄谷駐車場 木村屋のプリン 88円 >>