登別温泉 からくり閻魔堂

c0161364_19442867.jpg

登別温泉の「地獄まつり」は昭和39年に始まったそうです。30回目を迎えた平成5年8月、閻魔伝説に基づきこの閻魔大王がつくられたそうです。

この閻魔大王は日本古来のからくり山車の造りで、座って高さ5.2メートル、(ぱっと見、そう大きくは見えない感じなのですが)立ち上がると6メートルの大きさになるとか。

自在に動くことができ、年に一度の「地獄まつり」で地獄大行列の先頭に立って温泉街をねり歩くそうです(高さ6メートルかぁ、見てみたいなあ)。地獄まつりの時以外は、この閻魔堂に安置されていて、人々の行いを見守っているそうです(案内板から)。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-05-01 19:51 | 旅行 北海道・東北 | Comments(0)


<< 登別パークサービスセンター 登別温泉 鬼祠(おにほこら) >>