時の流れに ~地中海をわたる船~

c0161364_9182075.jpg

フランスのマルセイユからアルジェリアの首都・アルジェへ、地中海を1日かけてわたるフェリーチケット控がでてきました。約20年前の代物。中を見たら、学生割引25%適用で料金は515フランスフランとあります(2等)。

私にとっては初めての海外旅行だったので、このときは日記をつけていました(途中で面倒になってやめたのが私らしいのですが)。もしかしたらその日記も残っているかもと押入れをがさごそやったら、出てきました(^^)。さすがに20年近くたつのでぼろぼろになってます。
c0161364_9351838.jpg


ノートを開くと、このチケットを買った日の支出と感想を書いていました。
c0161364_945298.jpg

別のページに映画は25フランで625円と記載しているので、このときのレートは1フラン約25円。フェリーチケットは12875円程度だったようです。2等なので、寝台などはなく、硬い椅子席で一夜を明かします。私はリュックを枕にして床に寝ました。

それに比べたら在マルセイユアルジェリア大使館でとったビザの代金67フランは安いですね。確か日本でとると数千円かかるので、安くするために現地で取得したと思います(『地球の歩き方』にそう書いてあったような)。

それにしてもこの日記は懐かしいですねえ。昼食8.1フランの内訳は、フランスパンとクロワッサン、チョコレートパン。「これだけ買って8.1フランはバカ安」と書いてました(なんだかねえ)。「リンゴ3個とオレンジ2個で4フランはうれしい」とも。それにエクレア3個買ってそれを食い、「生クリームのは、うまいと思ったが、コーヒークリームのほうは、いまいち」と書いているあたり、当時から酒よりデザートを好んでいたのかあ、全然進歩してませんねえ。

宿も節約するために窓のない、風呂なしシャワー共同の1泊1000円程度のホテルに泊まったのを思い出しました。それでも十分楽しかったですからねえ。若かったです。

日記を読み返すだけで一日つぶれそうです。

この船で一番印象に残っていることといえば、トイレがアラブ式だったことです。覚悟していたとはいえ、私にはカルチャーショック、便秘になりました。

荒れた波もなく穏やかで 揺れも少なかった地中海の船旅、約24時間かけてアルジェに着き、到着前にフェリーの甲板からみた、白い壁の家々が海にせりだすように立ち並ぶアルジェの街の景色は今も鮮明に思い出すことができます。死ぬまで忘れることはないでしょう。

アルジェでは「セントラル・ツーリング・ホテル」というところにとまりました。金曜日が安息日で、郵便局やら店は休みになるのが新鮮でした。
c0161364_1085836.jpg




ネットで調べたら、今もマルセイユからアルジェへフェリーが出ているようです。所要時間も22時間近くかかるのであまり変わってませんね。寝台やシャワーを使わないチケットは300ユーロ程度。高校生などは半額程度まで割引になるようです(大学生はどうなるんだろう)。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-05-05 10:18 | 旅行 その他 | Comments(0)


<< 時の流れに ~オランには だれ... 時の流れに ~東ドイツ トラン... >>