「ほっ」と。キャンペーン

那須塩原ステーションホテル

こんばんは。今日17日は、福岡県南地方は朝から、久しぶりに雨が降りました。雨に合わせ、この前 雨にぬれた日に、那須塩原ステーションホテルに泊まったことを書きます。

2、3週間前に、那須塩原市の黒磯文化会館で行われた催しに参加した時のことです。幕が下りて外へ出ると小雨が降っていました。黒磯文化会館から那須塩原駅まで2キロちょっとの距離。私は地理に不案内なので、気は乗らないけどタクシーを使おうと思いました。

タクシーが目にとまったので近づくと、ドアが開いて運転手の人が「西山さん?」と訊くのです。そこで違うと言い、「タクシー乗り場はどこですか?」と尋ねると、「ここには流しのタクシーはいない。電話して呼び出さないと」とその運転手は言います。

そこで文化会館事務室へ行き「タクシー会社の電話番号をご存じないですか」と言うと、「何社かありますから、ご自分で電話をお願いします」とA4の用紙を渡されました。

その紙を持って公衆電話のほうへ行きかけて、ちょっと固まってしまいました。料金欄のところに、迎え料金が700円必要と書いてあったのです。

c0161364_2292153.jpg

ただでさえタクシーを使うのには抵抗があるのに、迎え料金まで払うのは気持ち的におさまりがつきません。

こうなったら、通りで流しのタクシーを捕まえよう、迎え料金なんてばかばかしくて払えない、そう思って文化会館横の通りを駅のほうへ向かって駆け出しました。

(この項続く)
[PR]
by matuhuji-k | 2009-05-17 22:16 | 旅行 関東 | Comments(0)


<< 那須塩原ステーションホテル キムラヤ ルイおじさんのシュー... >>