第一滝本館 夕食バイキング

c0161364_20114699.jpg

第一滝本館の一人泊、夕食はバイキングを選択しました。
バイキングではなく、1000円分のチケットをもらって温泉街の飲食店で食事という選択肢もあるし、食事なしという素泊まりも選択できます。もちろん、部屋食プランもあります。

私は、バイキングがどんなものか興味があったので、予約時に迷わずバイキングで。素泊まりを選んで、宿に着いてからの気分次第で夕食バイキングの追加ができるかどうかは確認していません。

その夕食バイキング、ネットの口コミ情報などをみると毀誉褒貶さまざまですが、私は、値段を考えると十分満足、これで文句を言ってる方の気持ちが今ひとつ理解できません。抜群のおいしさでないのは認めますけど。

ズワイガニは食べ放題だし(タラバや毛がにを置けと言う意見もあるようですが)、ホタテはその場で焼いてくれるし、とりあえずステーキもその場で焼いてくれるし。天婦羅も目の前で揚げているし。私は食べませんでしたが、漬物の類は驚くほど充実しています。

不平を言っている人の多くは、全体的に種類をもっと増やせという主旨のようですが、 登別温泉の湯をどっぷり堪能して、朝夕お腹を満たして和室で大の字になって寝て、札幌駅・新千歳空港から無料送迎がついて、それで1万円いかないのですからコストパフォーマンスは良好ではないかと思いました。食事に質を求めるのなら、何千円か高くなりますが、グレードの高いほうの部屋食プランを選ぶべきでしょう(部屋食は5段階あるようです。ひえーっ!)。

新千歳空港から登別温泉までバス往復だけで2500円以上するんですから。ちなみに、新千歳空港からの送迎は冬季限定(2010年は3月31日まで)。札幌駅からは通年運行のようです。

まあ、ちょっと改善をお願いするなら、デザートのケーキ類がいかにも数合わせというようなレベルだったのが寂しかったところです、甘党の私としては(笑)。 それと、一昔前の高度成長期の大型温泉旅館風のバイキングの並べ方(時代がかったデザインの のれん屋台が連なって) が、ちょっとねえ、、、という感想です。

あと、夕食は、席を指定されます。好きな席に座って食べられないのは残念。こういうとき、一人泊はつらいですね。朝食は席自由ですが。

アルコール類は当然別料金。サッポロクラシック中ジョッキが735円だったかな。飲み放題プランが2つか3つありました(飲み物の種類が異なっていた)。
c0161364_2012271.jpg



追記:
夕食後、売店に寄ったら、サッポロクラシックの限定品を発見。でも「荷物になるので帰りに空港で買うといいや」と思い、その場では買わず。
飛行機に乗る前にさんざん探したけど空港では発見できませんでした。くやしいー。

c0161364_21393871.jpg

館内にもクリスマスの飾りがされていました。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-12-23 21:39 | 旅行 北海道・東北 | Comments(0)


<< 第一滝本館 飲泉所 第一滝本館 南館に宿泊 >>