シンガポール チャンギ空港 到着~トランジットホテル

c0161364_8444097.jpg

NH901便でシンガポールへ。予定より20分遅れの深夜0時にチャンギ国際空港到着。機外へ出たら、もわっとした熱気を感じました。今夜は入国せず、トランジットホテルに泊まるので、とりあえずターミナル2の3階を目指します。トランジットホテルはターミナル1~3のそれぞれに存在しますが、私は全日空が使用するターミナル2のホテルを予約していました。

c0161364_845393.jpg

うわさに聞いていたとおり、チャンギ空港は広いですねえ。トランジットホテルまで結構歩きました。ちょっと不安になり、清掃作業をしていた人に尋ねたほどです。スターバックスコーヒーの横のエスカレーターを上がってすぐとのこと。そのスタバで、アップルジュース(4.5シンガポールドル)を購入。

c0161364_8453441.jpg

トランジットホテルフロントにやっと到着。0時20分です。トランジットホテルには、バス・トイレ付の部屋と、シャワー・トイレが共同のバジェットタイプの2区分がありますが、私はバス・トイレ付を予約していました。寝る前は、風呂に浸からないと気が落ち着かないので、どうしてもバスタブ付を志向します、多少高くなっても。そういう齢になりました。

トランジットホテルは、6時間が基本1ブロック。その後、1時間単位で3時間まで延長できるようです。私は8時間滞在なので、基本料58シンガポールドル、延長2時間分が26シンガポールドルの計84シンガポールドルに、税・サービス料17パーセントが加算され、合計98.87シンガポールドルを請求されました。約7千円です。

c0161364_8455455.jpg

廊下はこんな感じ。思ったより通路幅が広いという印象です。

c0161364_8461964.jpg

部屋に入って驚きました。広い! 私はシングルを予約していたのですが、ダブルルームにアップグレードしてもらえたようです。トランジットホテルということで、窓もなく狭くて寝るだけのスペースを勝手に想像していた私は、いい意味で裏切られ、得した気分です。成田空港制限エリア内ホテル(仮眠室)の2倍3倍の広さといった印象です(笑)。

c0161364_8464441.jpg

デスク周りも意外としっかりしています。

c0161364_8593694.jpg

さすがにバスまわりはくたびれていますが、足が伸ばせる程度の浴槽で、半畳に満たない狭いユニットバスではありませんでした。注意すべきは、歯ブラシや髭剃りなどのアメニティはありません(使いきりタイプのシャンプー、ボディソープはあり)。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-05-30 08:37 | 旅行 その他 | Comments(0)


<< チャンギ空港からMRTで市内へ 成田空港ラウンジ うどん・そば... >>