トンチュン アウトレットモール

c0161364_20444170.jpg

夏冬のバーゲンの時期以外は、ブランドショップは、ほんとつれない値段設定をするなあと、10月に香港を訪ねてそう思いました。

私は香港へ行くと、ラルフローレンやブルックス・ブラザース、アクアスキュータムの店を覘いて、シャツやニット類を1~2枚、一番リーズナブルな値段で売ってるところで買うのを楽しみにしています。

ラルフローレンのシャツは、香港のセールだと1枚5千円前後で買えるので、日本で買うのは ばからしいのです。ポイントは、「final reduction」 の時期の日曜日にハーバーシティなどのショップに行くことです。日曜日に限ってさらにバーゲン価格から1割引きとか3割引きになることがあるからです。もっとも、めぼしいものはその前日などに売り切れたりするので、日曜まで待つのも良し悪しなのですが。

しかし、今回は、ほとんど日本で売ってるのと同じ値段で、街中のショップでは何も買いませんでした。


セール以外の時期に香港へ行ったら、このトンチュンのアウトレットモールです。ラルフローレンもブルブラもアクアスキュータムも店を出しています。

ラルフローレンは、平常1万香港ドル弱のスーツが3千香港ドルで売ってました。ネクタイは300香港ドル強あたり。

笑ったのは(失礼)、アクアスキュータムで売られていた、トランクス50香港ドル。安いなあ。日本のデパートの平常価格は「ぼったくり」ではないでしょうか(失礼)。

なべて、街中のショップの値段の半額前後の値段設定のようです。もっとも、処分品なので流行遅れなのでしょうが。

私が購入して感心したのは、日本から撤退したカジュアルブランド「NAUTICA」のシャツ。200香港ドルで売ってましたが、ジョルダノやG2000、BOSSINIなどの現地ブランドの同等のシャツに比べると、生地も作りも断然優れています。2千数百円でこんなしっかりしたシャツが買えるとは。ビジネスシャツも作ってくれないかな。

c0161364_2045710.jpg


c0161364_20452284.jpg

噴水を見ながら、ハーゲンダッツのアイスを食べるのがまたいいです。香港に行かれたら、アウトレットモールに寄られることを勧めます。空港からだとバスで。香港・九龍方面からはMTRで。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-10-03 20:43 | 旅行 香港 | Comments(0)


<< 香港国際空港 UAラウンジ 香港国際空港 到着ロビー CD... >>