台北・松山空港から桃園空港へ向かうバス

松山空港から桃園空港へ行くバスは、ルートがいくつかあるようで、最短に近い距離で走り 自動車専用道路に入る前にいくつかの停留所にとまるものと、市内の何箇所かを回ってその後に自動車専用道路(高速道路)に入るものがあるようです。

私は前者、直行バスと言われるバス番号1840に乗りました。ルートにより値段も83台湾ドル~140台湾ドルと差があります。1840番は125台湾ドルでした。6番バス停から出発。

所要時間は約50分で渋滞の場合は長くなるようですが、私の乗ったのは午後1時20分だったので、ほぼ定刻でした。桃園空港では第2ターミナル→第1ターミナルの順にとまります。第2ターミナルだと45分程度で到着しています。私の目指す第1Tはその5分後に到着。

ほぼ20分おきに出発しているので便利ですね。

案内所で、バスの切符はどこで買うのか訊いたら、車内で買えるとのこと。そして、日本語で時刻表を記した紙をくれました。キャッシュディスペンサーでおろした1000台湾ドル紙幣しか持っていなかったので、釣りは出るかと聞いたら、細かいのに両替しろとのご託宣。指を指された外貨両替所に行ったら、さも当然のごとく、にこやかに手数料無しで小額紙幣に交換してくれたので少し意外でした、はあ、自国紙幣の交換も無料でしてくれるのねと。(当たり前?)

c0161364_21354089.jpg



c0161364_21361481.jpg

バスは古ぼけてなく、まあ快適な乗り心地です。

c0161364_2137568.jpg

カップホルダーもあり、ちょっとうれしい感じです。日本の茶を売店で買いました。75台湾ドルでした。ちょっと高かった。

c0161364_21485513.jpg

行天宮のバス停で何人か乗り込んできました。それ以外のバス停はスルーか、乗ってきても1人でした。
[PR]
by matuhuji-k | 2012-11-29 21:51 | 旅行 その他 | Comments(0)


<< キャセイ航空 台北空港ラウンジ 1 台北行きの飛行機に乗る >>