セントレジス上海 客室内

c0161364_19485991.jpg

今の高級ホテルのトレンドは、浴室がガラス張りなのでしょうか。カーテンが付いているとはいえ、仕切り戸を透けさせる必要性はあまり感じないのですが。


なるほどと思ったこと:
劇団M.O.P.が新作3本の後に解散するそうで、いまその一つめの作品「阿片と拳銃」が紀伊國屋ホールで18日まで上演されています。観に行きたくて仕様がないけど、地方に住んでいるので 仕事が終わった後にちょっとという訳にもいかず、また、お盆をはさむ時期で、航空券の相場も高止まりなので泣く泣くあきらめました。

仕方がないので、どんな様子か知ろうと ネットをうろうろしていたら、劇中の喫煙シーンについての記述(解説)があって、これまで長年の疑問だったことが一つ解決しました。

女優さんなどが煙草を真にうまそうに吸っているように見えるシーンに出くわすと、これまでは、役者魂で無理に吸っているのか、それとも日頃から喫煙習慣があるのかな、どうもイメージと合わんなぁなどとあれこれ思いめぐらしていました。

そしたらあれは煙草ではなく、「ネオシーダー」という、煙草と同じ形状をした、使用方法も煙草とまったく同じ、咳止め薬とのことです。もっとも、火をつけるので一酸化炭素を吸い込み、ニコチンやタールも少量含有するので中毒性を否定できず、使用可能年齢も20歳からとのことですが。

「阿片と拳銃」、スカパーのシアターテレビジョンにくるまで気長に待つことにします。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-08-11 20:32 | 旅行 中国 | Comments(0)


<< セントレジス上海 客室内 上海市内 >>