帯広市 北海道ホテル

c0161364_2112479.jpg

「北海道ホテル」
最初この名前をきいた時、なぜか、村上春樹の小説に出てきそうな名前だなあと思いました。世界でも珍しい植物性モール温泉があって、宿泊客は利用できます(日帰り利用なし)。モール温泉自体は近くの十勝川温泉郷が有名ですね。(この北海道ホテルも広く十勝川温泉郷に含まれるのかしらん)

北海道の温泉といえば、モール温泉に「望郷の念」に近いものを感じるのだけれど、航空運賃の関係でどうしても、新千歳空港に近い登別温泉の利用になってしまいます。まあそれはそれでいいのです、登別の湯に浸かると幸せを感じるから。

北海道ホテルに泊まってモール温泉に浸かる。帯広の食材でつくった料理を食す。「これぞ北海道旅行」という気がしますが、帯広まで千歳から遠いですからねえ。

JR北海道は、特急列車乗り放題のフリー切符を7日間タイプしか用意していないけれど、2ないし3日間用をなぜつくってくれないかといつも思います。

2日間タイプは利用日限定でしょっちゅう売っていますが、現実的には道内在住か頻繁に北海道を訪れる人間しか買えないようになっているところがさびしい限りです。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-08-22 21:42 | 旅行 北海道・東北 | Comments(0)


<< 帯広市 北海道ホテル 宮城県白石市 鎌先温泉 >>