宮崎県 都井岬

c0161364_2003967.jpg

糖質制限食とダイエット、代謝機能:

ここ数年来、血圧、肝機能、コレステロール、中性脂肪、尿酸値、血糖値などの健診結果がどれもぱっとせず、「年齢とともに老化はすすむ・歩く成人病」などと自虐ネタに使えるうちはよかったのですが、いよいよ赤信号がつきかけたので、ネットなどであれこれ調べ、簡易血糖測定器を買い、約半年前から糖質制限食に準じた食事をしています。

糖質制限食とは、糖質(炭水化物から食物繊維を除いた残り。消化されブドウ糖に変わる)を含むもの(主に ごはん、パン、芋類、穀物類など主食に用いられるようなもの)を摂らないようにし、タンパク質・脂質を中心とする食事法。

私の場合、一切糖質を摂らないのではなく、簡易血糖測定器を利用して日々の体調をみながら毎回30g~40gは摂っています。何せ、寿司・そば・スイーツが三大好物だったので、糖質と一切縁を切るのは人生が味気なくなってしまいます。それでも寿司・そばは以前に比べるとほとんど口にしなくなりました。

最初の3か月で体重が8キロ落ちました(62キロ→54キロ)。今は53キロ前後で落ち着いています。これは20歳ころの数字に等しいのです。体調に関する自覚にあまり変化はないのですが、先月、血液検査をして驚きました。

すべての数値が正常値の範囲内に収まっていたのです。タンパク質・脂質に偏った食事だったのでどうかなと思っていましたが、糖質制限は自分に合っているようです。

それに何より、血圧まで正常になりました。家系的なもので、学生の頃から血圧は「要注意」のレベルだったのに、何度測ってもWHOの基準による正常値の中に収まります。

ぎちぎちの糖質制限でなく、ゆるめであっても、食品の炭水化物量を計算して(「カーボカウント」と言うそうですが)食事をすれば、ヘタなサプリや薬は必要ないなあと思ってます。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-08-27 20:59 | 旅行 九州 | Comments(0)


<< 雲 宮崎県 都井岬 >>