杭州市

c0161364_21244925.jpg

JR九州が「夏の思い出きっぷ」という九州内全路線の特急・新幹線乗り放題(自由席)の企画切符(2日間有効で1万円。指定席をとるときは別途指定席券を購入する必要あり)を販売していたので それを利用して昨日は、鹿児島へ行きました。新幹線つばめ号に通しで(新八代ー鹿児島中央)乗ったのは初めてです。

新幹線は部分開業なので、例えば博多から鹿児島へ行くときは、新八代まで在来線を走る特急「リレーつばめ号」を利用するのですが、在来線部分の指定券を買うと、新幹線のほうも無料で指定席に座れます。しかも同じ車両番号なので乗り換えも楽です(リレーつばめ号は新幹線のホームに直接乗り入れるので、乗り換えのため階段を昇り降りすることなど不要)。

つばめ号の乗り心地の良さはあちこちで絶賛されていて、確かにいいですね。揺れません。でもゆったりできるという点では、ひかりレールスターの指定席のほうが私の好みです。つばめ号は、隣席との仕切りの幅がレールスターに比べ狭いので、混雑時に他人と一緒になるときは少々きついかなと思いました(ただし昨日は往復ともがらがらでした。ブームも一段落したし、全線開通するまでは大混雑ということはあまりないかもしれません)。フットレストもついてませんでした。

鹿児島中央駅ビル内で黒豚料理を食べ、たいへん満足しましたが、どこもかしこも飲食店は「黒豚」を掲げていて、昨今の情況だから、そんなに供給量はあるのかな、料理に使われているごく一部の肉が黒豚では?と疑いたくなるほどです。

駅ビルには観覧車もついていて、1回600円。駅構内でも手に入る黒豚横丁パンフレットのクーポン券利用で400円に割引。よく晴れた日は桜島の雄姿がくっきりと見渡せて利用価値は高いと思いました(昨日は雲でかすんでいて、いまひとつでした)。
(この項続く)
[PR]
by matuhuji-k | 2008-09-01 22:00 | 旅行 中国 | Comments(0)


<< 杭州市 雲 >>