大阪 なんば

c0161364_20554451.jpg

大阪へ行ったときの、帰り間際の行動はほとんど固定されています。帰りは関空から飛行機に乗るので必然的になんばへ行きます。南海電鉄に乗るためです。

「市場寿し」でにぎりを食います。廉価で庶民的な味の寿司を提供する店です(回転寿しではありません。また、市内に支店がいくつかあります)。ほかにも人気の(行列ができている)店はありますが、たまに浮気をしても結局 市場寿しに戻ってしまいますね。トロやあわび、トロ鉄火細巻きを頼まなければ、お腹が爆発するくらい食べても5千円を超えることはありません(これはちょっと大げさです)。

「ほぐし処 一指禅」で指圧をしてもらいます。すぐれた技術。まったく同名の整体院が同じなんばに存在するので(別物です)、紛らわしいですけど。ネットで検索すると、その別の店が上位にくるので見逃されているようです。受付から施術まですべてオーナーが一人で対応されているため(ほかに従業員はいません)、あまり有名になって予約が取りにくくなるのも困りものなので、いまの状況は私的にはOKです。こちら(私は本家と呼んでいる)は、なんばグランド花月のすぐそばです。

高島屋デパート地下の糖朝で持ち帰り用マンゴープリンを購入します。1個630円もするのが痛いですが。

気が向けばすぐそばにあるハーゲンダッツショップでアイスを買って、なんばパークスで、スイスホテル南海の建物と空を見ながらおいしくいただきます。

関空行き南海電鉄ラピートβに乗る前に構内のコーヒーショップで持ち帰り用のラテを買います。

ほぼコピーのように繰り返すパターンです。順番は入れ替わることがあるけど。以上お勧めです。だまされたと思って一度行ってみてください。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-09-11 21:50 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)


<< 南海電鉄関空行き特急ラピートβ... 大阪 通天閣 >>