カテゴリ:旅行 九州( 71 )

8月20日 長崎駅前

c0161364_21504159.jpg


長崎に行くのは年に1回もないのですが、なぜか行ったときは、改札口近くでイベントをやっているのに遭遇することが多いという印象があります。イベント用に広場が設けられてはいるのですが。

子どもが熱心に見ていたのでちょっと写真に。 ハウステンボスのキャンペーンで、着ぐるみたちが踊りを披露していたのですが、前説を聞いてかったので、どういうキャラクターか分かりませんでした。柄の長いブラシを持っているあたり、また、キャラクター造形的に、「トイレをきれいに掃除しようキャンペーン」かな。 

でもハウステンボスなんで、そんなことはないなと思いながら見ていました。

この後、9月15日にも行き、その時はアミュプラザの周年記念事業行われていて、ステージが組まれていました。長崎発の最終の特急は午後9時30分ごろ(博多行き)。その時間、アミュプラザのお土産売り場(いろいろ揃ってます)は閉まっているので注意が必要。キオスクの「いかにも」的な土産用菓子を買うしか選択できなくなります。
[PR]
by matuhuji-k | 2013-08-20 21:47 | 旅行 九州 | Comments(0)

熊本県 日奈久温泉 新浜旅館

c0161364_2036281.jpg

熊本県八代市の南西部に位置する日奈久温泉に、知り合いと出かけました。九州新幹線の一部開業後は、近くの鉄道駅である日奈久温泉駅がJR九州から切り離され、肥薩おれんじ鉄道に引き継がれました。かつては鹿児島本線を走る特急もとまっていただけに、よけい寂れた感じになったのは残念なところです。

でも、この日奈久温泉は、湯質にこだわる人には、穴場の温泉街だなと、今回初めて訪れて強く思いました。山頭火がこよなく愛した温泉というのも納得しました。

宿泊したのは、新浜旅館という小さな旅館です。旅館というより民宿という印象。施設は古いです。でも、清掃はきちんとされ、畳も新しかったので、とても快適に泊まれました。私にとっての難点をあげれば、枕が少し低かったところでしょうか。肝心の湯は、弱アルカリ性単純泉、完全掛け流しです。

男女別に分かれる浴室のうち、女風呂は浴槽が檜でできていて、宿泊客にとても好評だとか。そこで、宿泊客の数次第では、男性もその檜風呂に入れるように配慮してもらえるそうです。この日は私たちのほかに宿泊はもう一組だけで、その一組(家族連れ)はチェックインが遅くなるらしいので、夕食前の時間帯は檜風呂に入ってくださいとのことでした。

何の変哲もない、無色透明さらさらの湯ですが(ほんのかすかに硫黄の香りがしたような気もしたけど気のせいかな)、これがガツンと体にきて、ポカポカ感がずーっと持続しました。翌朝は気分も体もすっかり軽くなり、私には日奈久の湯は合うなあと思いました。

夕食は、品数もそこそこあり、満足しました。八代海に面している温泉街だけに、魚がおいしかった。刺身にクレソンが添えられていたのですが、この組合せはいいですね。自生のクレソンを女将が摘んできたのだそうです。 そのほか、和え物や天ぷら、酢の物、川魚の塩焼きなど、料理(味付け)は素朴な家庭料理といった趣です。デザートのスイカがまた良し。 まあ、華美な料理を期待される方には合わないでしょうが。

朝食もハムエッグが出るなど家庭料理風です。でも、どれもおいしくいただきました。ただ、日奈久は、ちくわが名物なのですが、「こりゃうまい」とは思いませんでした(苦笑)。

これで、1泊2食で8500円程度。自宅から2時間程度で到着するので、すぐにでも再訪したいところですが、残念なことに、1人宿泊は受け付けていないようです。うーん、ほんと残念だなあ。


部屋の前の、廊下の窓からの風景。目の前は有形登録文化財にもなっている木造3階建ての旅館・泉屋(宿泊できるそうです)
c0161364_2037381.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2011-05-20 20:34 | 旅行 九州 | Comments(0)

熊本空港10月1日

c0161364_22162991.jpg

c0161364_22165035.jpg

ちなみに「ワサモン」とは「新しいものが好きな人」の意、「ヒゴモッコス」は熊本県の県民性を表現した言葉で「頑固者」の意、「アトゼキ」は「出入りのために開けたドアを最後にちゃんと閉めること」の意、 「トットット」は「キープしている」に近い意
c0161364_22171292.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2010-10-01 15:15 | 旅行 九州 | Comments(0)

砂蒸し温泉・砂楽 ふたたび

c0161364_21254848.jpg

久しぶり砂蒸し温泉に浸かりましたが、今回はちょっと不満が。
冬場に来たのは初めてでしたが、当然ながら外気が冷たいので、仰向けに寝ているお腹のほうの砂の温度が冷めるのが早いのです。背中のほうはぽかぽかですが、へその辺りは、濡れた なま温かい砂にしか過ぎず、全然「温泉らしく」ありません。追加で砂をかけてもらっている人もいました。ちょっと考えものですね。

c0161364_21261989.jpg

この砂楽は、砂蒸しだけでなく、内湯の質がまたいいので、ゆったりそちらのほうで温まりました。
風呂上りにアイスクリームを食べて、一服つき、外に出てみたら、なんとロケ隊とまた遭遇。小雨ぱらつく天気なので天然砂蒸しはやっていませんが、番組の流れ的に「うわー、波打ち際がぽかぽか、熱いくらい。ほんと温泉なんですねえー。」とか言ってるんでしょうか。足元から湯気がもうもうと上がってますし。このあと、全天候型の砂蒸し場へ行くんでしょう。それにしても、なんという番組なんだろう。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-02-01 21:41 | 旅行 九州 | Comments(0)

指宿再訪 駅前足湯

c0161364_2015581.jpg

指宿を再訪しました。目当てはもちろん砂蒸し温泉。
22年3月6日まで、JR九州が「土日乗り放題切符」1万円也を企画しているので、それを利用しました。

行きの鹿児島中央駅→指宿駅の「なのはなDX号」にはテレビ西日本のロケ隊が(もしかしたらフジテレビの下請けかも)。男女のレポーターが車窓の風景にあわせていろいろ喋っています。沿線のおばちゃんが電車に向かって手を振ってくれたことに興奮する女性レポーターでしたが、これって「仕込み」じゃないのかなと思いました(私もひねくれてますね)。

きょう1月31日は小雨のおちる あいにくの天候で、前回のようにレンタサイクルは利用できそうにありません。路線バスがあるはずと思い、駅前に出てまわりを見回すと、左手に足湯がありました。けっこう賑わっています。利用料金は無料。どうも設置されて3~4年になるようですが、この前来た時は気付きませんでした。なんでだろ。

塩化物泉。泉温は42~43度くらいでしょうか。見たところ循環のようですが、、、、。

写真を撮ろうとシャッターを押すのと前後して、私の背後で「ギギギッ」と大きな音が。足湯に浸かっていた人が2、3人振り返りました。車のホイールがコンクリートブロックを擦った音でした。

c0161364_2035121.jpg

足湯の中央に、彫刻「湯浴みの像」が置かれています。市制30周年を記念して昭和59年に建立されたもので、指宿市在住の木佐貫さんの作品と説明書きがしてあります。足湯設置を機に移されたのか、この像を囲むように足湯が設けられたのかは分かりません(どうも後者のような気がします、個人的には)。

砂蒸し温泉行きのバス乗り場(鹿児島交通)は、駅前の道路向かいにありました。本数が多いとは言えないので、留意する必要があるようです。料金は片道130円でした。
このほかに、月~土は1日4本、砂蒸し温泉前に留まる市内循環バスが走っているようです。でも本数が本数だけに、あまり利便性はありません。ちなみに駅前発時刻は、7:47、11:00、11:47、16:00。
c0161364_20423666.jpg


自宅からの道中、『さよならドビュッシー』を読了。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-01-31 20:59 | 旅行 九州 | Comments(0)

隼人駅

c0161364_22132473.jpg

鹿児島から宮崎へ向かう途中、隼人駅で途中下車しました。
次の列車の発車時刻まで1時間ちょっと。この辺りは温泉が多いので、きっと駅のそばに日帰り温泉か銭湯があるはず とふんでいたのですが、土産店兼観光案内の建物に入って尋ねると、湯に浸かれる場所は日当山(ひなたやま)まで行かないと無いとのこと(数キロ離れています)。当てが外れてがっくり。

それにしても隼人駅は変わった外観です。
約1600本の竹材が用いられているとか。九州新幹線の一部開通の際に駅舎をリニューアルしたそうです。

c0161364_23332510.jpg

トイレの入り口はこんな感じ。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-12-03 22:12 | 旅行 九州 | Comments(0)

特急はやとの風

c0161364_0135431.jpg

鹿児島中央から隼人駅まで、特急はやとの風を利用しました。
途中、右手に雄大な桜島を眺め、気持ちもなんとなく晴れやかでした。

c0161364_0141576.jpg

車内は木目調のしゃれた造り、展望用の席も設けられています。

c0161364_0143114.jpg

トイレは普通すぎて少し拍子抜けしました。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-12-03 00:12 | 旅行 九州 | Comments(0)

大淀川夜景

c0161364_21294295.jpg


夜、風にふかれて ひとり大淀川にかかる 長い長い橋の広い歩道を歩いていると、
しばし自分の人生をじっと振り返ることができて いいものです。
それくらいこの橋は長い。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-12-01 21:27 | 旅行 九州 | Comments(0)

JR宮崎空港駅

c0161364_2321928.jpg

「JR宮崎空港駅」というのがあるのは知っていましたが、まさか まさに空港に「乗り入れている」とは思いませんでした。到着ロビーから歩いて1分程度で駅に到着です。新千歳空港などよりよっぽど歩く距離は短い。ローカルの小さな空港(失礼)にJRが乗り入れているとは ちょっと不思議な気がします。

c0161364_23212770.jpg

そこそこ本数もあります。延岡方面への、特急の始発駅でもありますが、うれしいのは宮崎駅までは特急券無しでも乗れることです。乗車券340円のみでOK。ただしこの区間のグリーン席利用は自由席グリーン券500円、指定席利用は指定券300円が必要となるようです。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-11-28 23:17 | 旅行 九州 | Comments(0)

宮崎空港雑感

c0161364_2344244.jpg

コインロッカーがいまどき200円だったのにかんどう。

c0161364_2351378.jpg

かの花畑牧場の店もあり。生キャラメルマンゴーバージョンも販売しているようですが、お客さんの集まりはいまひとつのようでした。

c0161364_2353978.jpg

お寿司屋さんにそそられましたが、立ち寄る時間がなくて残念でした。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-11-27 23:10 | 旅行 九州 | Comments(0)