「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:温泉( 33 )

草枕温泉てんすい

c0161364_2151547.jpg

お世話になっていた方が急逝されました。仕事の関係で葬儀にいけないので、夕刻あわただしく車をとばして通夜会場の熊本へ。式自体は30分程度で終わり、あいさつをして帰途につきましたが、自宅へのルート途上に、「草枕温泉てんすい」(玉名市天水町小天511-1)があるので、ちょっと脇へ入った感じになるのですが2年ぶりくらいに寄ってみました。

到着したのが午後8時過ぎで、もしかしたら営業は終わっているかなあと思ったけど、まだ大丈夫でした(午後9時まで。ただし入館は8時30分まで)。

上の写真はエントランスのドアを抜けたところです。地元特産品の売店になっています。

c0161364_2105842.jpg

入湯料は500円。タオルも併せて買いました(いずれも券売機でチケットを購入、浴室入口の窓口でタオルは受取り)。

この温泉は、露天風呂からの眺めが絶景なのですが(特に天気がいい日の日没時は、有明海のきれいな夕景が望めて、何とも言えません)、時間が時間だけに、安物のデジカメでは真っ暗 何も写りません。多くのお客さんで賑わう浴室内でストロボをたくわけにもいかず、露天風呂などの様子は、またの機会に紹介します。

この温泉は、単純アルカリ泉。浴槽からオーバーフローもしていますが、案内などによると、完全かけ流しではなく、循環装置も併用しているようです。

なにより残念なのは、カルキ臭が結構キツイこと。私の行きつけである大木町のアクアスに比べると、我慢できないほどの臭いです。これではせっかくの温泉が台無しです。ロケーションの良さで来客が多いので、衛生管理の面から仕方がないのかもしれませんが、浴槽を増やすとか流入量を増やすとかでもう少しなんとかならないものかと思います。

c0161364_2112254.jpg

食堂は営業が終わっていました。

この温泉の思い出といえば、休憩室の大広間の隅で営業していた指圧マッサージ。20分1300円、40分2500円というまあ良心的な料金設定だったので、「20分と40分を足して、60分3800円でお願いできますか?」と訊いたら、返ってきた返事が「60分もする必要はないですよ。金がもったいないですよ」という、営業っ気がまったくない素っ気ないもの。それ以上無理には頼みにくい雰囲気で、「じゃあ40分でお願いします」と言いました。

施術が終わって、料金を払う段になってその指圧師のおじさんの言ったセリフが「、、、やっぱ60分がよかったですかねえ、、、、、」(苦笑)  私の体はガチガチに凝ってたようです(笑)。

今回、休憩室はのぞかなかったけど、今も営業しているのでしょうか。近くもう一回行ってみたいところです。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-10-27 21:59 | 温泉 | Comments(0)

かんぽの宿 柳川 展望風呂

c0161364_1823137.jpg

かんぽの宿柳川(福岡県柳川市弥四郎町10-1)は、もちろん宿泊施設ですが、天然温泉(加温加水)である大浴場を500円で日帰り利用できます。浴場は2か所に分かれていて5階には展望風呂・うたせ湯が、1階には露天風呂とサウナ、水風呂があります。上の写真は5階の展望風呂です。5階の風呂はオーバーフローはしていますが、循環のようです。

c0161364_1824933.jpg

洗い場には馬油シャンプー・リンス・ボディソープも置かれています。

c0161364_1845589.jpg

うたせ湯はこんな感じです。

c0161364_1831089.jpg

内湯のガラスは曇って見えにくいのですが、川下りの船が行きかう風情ある景色を楽しめます(写真は脱衣室から撮ったもの)。また、柳川市街も一望できます。

c0161364_1832556.jpg

こちらは1階の露天風呂です。ちょっとカルキ臭がするのが残念ですが、露天風呂のほうは掛け流しです。ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で、湯上りはポカポカ感が持続し、いい感じです。

また、私は利用したことはありませんが、別料金を払えば 露天付き家族風呂も利用できるようです(50分1050円)。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-05-09 19:19 | 温泉 | Comments(0)

滝本イン ふたたび

c0161364_20194517.jpg

また滝本インに泊まりました。
偶然の一致か、フロントが意図したのか知りませんが、前回泊まった時と同じ部屋をあてがわれました(苦笑)。

今回も滝本インの内湯は貸切状態で、堪能しました。また、第一滝本館の大浴場も平日夜だったのでゆっくりいれました。入口で行われている無料の冷茶サービスがいいですね、おいしくて風呂上がりには(ただの茶ではなく、漢方茶のようです)。

夕食はセットメニューで、内容はほとんど前回泊まった時と同じでした、メイン料理がホッケの焼き物と陶板ステーキである点も。食後に3種のミニケーキとカットフルーツが出てくる点も。

宿泊客は何組もいたけど、夕食付のプラン一人旅組は今回は私だけで(前回はほかにもいたのです)、やっぱそれぞれが談笑しながら食事をとっているときに一人で食べるのはちょっとさびしいものがあります。

また、朝食もバイキング方式で、品数も内容も前回と同じでしたが、湯豆腐がひどく うまそうに見えたので、今回は和食を食べました。

ツインルームを1人で使用し、1泊2食で9775円でした。第一滝本館の大浴場が滞在中なんどでも無料で利用できることを考えると、本当に良心的な料金設定です、私にとっては。

エレベーターの表示ボタンが古いを通り越してレトロ調になってます。またエレベーターホールのソファもいい感じです。

c0161364_20235863.jpg


登別温泉の商店街はあまり大きくありません。でもお約束のように、お客のいない、ふた昔前の機種の並んだパチンコ店や、昭和の雰囲気いっぱいの土産物店もちゃんと存在してます。つきあたりに見える、夕日にオレンジ色に映える建物が第一滝本館です。滝本インは第一滝本館の手前左側にあるのですが、写真には写っていませんね。
c0161364_20425286.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-30 21:02 | 温泉 | Comments(0)

大木町・アクアス プール

c0161364_12494312.jpg

アクアスのプールも温泉水利用。だから時期・時間帯によっては室内は湯気が。

利用時間はお風呂の営業時間より1時間短い午前10時~午後9時。

プールは幼児向け・お年寄り向け。親と一緒に水遊びをしたり、歩行浴をして運動機能を高めたりするのが主な目的として設計してあるように見受けられます。
c0161364_12525690.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-20 12:48 | 温泉 | Comments(0)

アクアス エントランスホール

c0161364_19452546.jpg

アクアスの正面玄関を入った先のエントランスホールでは、地元の特産品などを販売しています。
また、腰掛け用の台が設けられていて、テレビもあるので、待ち合わせや休息に利用されているようです。

写真左手の手前一角は衝立で仕切られていて、指圧マッサージ・足つぼマッサージが受けられます。20分1500円、35分2500円、50分3500円。大体いつも施術師が2人います。土日の午後などは飛び込みで予約がとれないこともあります。あらかじめ予約をしておいたほうがよいです。

2人のうち、眼鏡をかけた女性のほうは、上手。私はどこでマッサージを受けるときでも、指名はしない主義なので、ここアクアスでマッサージを頼んで、この人にあたったときは得した気分になります。ところが先日、思いもかけぬことから、この女性の名前がナカモトさんであると分かりました。となると、うーむ、指名してみたい誘惑にかられますが、、、

外には、「がんばらん館」という名の、産直の物産館もあります。「がんばらんかん」という発音は、「頑張りなさいよ」という意味の方言と同音です。
c0161364_2034270.jpg

このごろは、眠る前に芋焼酎をお湯で割って飲む癖がつきました(寝酒というにはおこがましい、0.2合くらいを湯で割るから、口に含ませる程度です)。その日の体調によって味が違う。おいしいと思ったり、芋の匂いがしつこいと思ったり。自分が生きているなあということを実感します。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-19 00:01 | 温泉 | Comments(0)

アクアス 仮眠室

c0161364_20263733.jpg

アクアスの2階には畳敷きの無料休憩室がありますが、それとは別に仮眠室も設けられています。仮眠室入口のドアには、この部屋は静かさを保つ部屋で それ以外の目的の方は休憩室を使うように という但書きが掲げられています(よい配慮ですよね)。

カイロプラティックを行う整体師も2階の一角に常駐しています(1階には有料指圧マッサージ・足つぼマッサージのサービスもあり。別途記載)。喫煙スペースも2階。

c0161364_20353143.jpg

食堂も営業しています。地元の食材を生かした定食があり、あとは天ぷら定食の類、麺類などが主のようです。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-18 00:01 | 温泉 | Comments(0)

アクアス 洋風風呂 露天

c0161364_20395375.jpg

洋風風呂の露天浴槽はこじんまりとしています。施設の建設当初は和風風呂にしか露天はなかったようです。要望を受けて増築したような造りに見受けられるため、少し急場しのぎのような安っぽい(なんか落ち着かないなあという)雰囲気が否めません(^^)。

左側は直径1メートルほどの、右側は直径1.5メートルほどの浴槽。この露天風呂は風の通りがよく、晩秋や初春のころに来て、のんびり浸かっていると気持ちがいいですねえ。内湯に比べると湯温が低いことが多いので、私はもっぱら露天風呂派です。

小さな浴槽であり、湯はじゃんじゃん注ぎこんでいるので、浴槽に入って身を沈めると大抵「ザーッ」とお湯があふれ出します。その音が耳に心地よい。んもう、ほんとうに贅沢な瞬間です。

脱衣室
c0161364_20515666.jpg

この写真はプールの脱衣室のもの。というか、温泉の脱衣室とプールの脱衣室は隣合わせで、通路もオープンになっているので、風呂上りにドライヤー利用がふさがっているときはこちらで身支度をすることもできます。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-17 00:01 | 温泉 | Comments(0)

アクアス 洋風風呂

洗い場
c0161364_18514652.jpg

洗い場にはボディソープとリンスインシャンプーのボトルが備え付けられています。自前のシャンプー・リンスを持ち込む人以外は、ところどころに置かれているリンスのみのボトルも併用されるほうがいいと思います。というのは、リンスインシャンプーは業務用でそれなりの質なので、人によっては髪がパサパサになるときがあるからです(私もそう)。

洋風風呂全体
c0161364_1858106.jpg

写っていませんが、向かって右手にはサウナ室もあります。これまた写っていないけど、画面左のジャグジーの手前には、うたせ湯もあります。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-16 19:01 | 温泉 | Comments(0)

日帰り温泉施設「アクアス」(福岡県大木町)

c0161364_14472879.jpg

「アクアス」は福岡県大木町にある温泉(福岡県三瀦郡大木町大字八町牟田538-1)。
西鉄天神大牟田線・八丁牟田(はっちょうむた)駅から徒歩数分。
年間を通して 私が最も利用する回数の多い入浴施設です。

公設の入浴施設 かつ派手な外観から、循環ばりばりの健康ランド的なものを想像してしまいがちですが、ここは、加水なし・加温なし・循環なしの正統派温泉。温水プールも併設。泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。入浴後はよく温まる。冬場に行くのが特にいいですね。

入場料は大人(中学生以上)1回500円、小人300円(3歳以上)。入場料にプール利用料を含んでいます。駐車場無料。

源泉温度は52.9℃、毎分350リットル以上の湯量(公称)。
加水・加温をしていないそうなので、行く時期により微妙に湯温が異なります。それでも わたし的には、高止まり気味 つまり熱いので、あまり長湯できないのが欠点。

内装が洋風・和風 2つの浴場があり、原則1週間ごとに 男湯用・女湯用として入れ替わります。和風のほうが露天風呂も広くてお勧め。

(この項続く)
[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-16 00:01 | 温泉 | Comments(0)

武雄温泉 鷺乃湯

c0161364_21215184.jpg

2階休憩室の一角にマッサージルームが設けてありました。「心音」と書いて「しおん」というのが店の名前のようです。足つぼは20分1500円・40分3000円、首・肩のマッサージは15分1500円。よほど試しにやってみようかと思ったのだけど、施術師がとても若い女性のようなのでやめました。

駐車場に戻り、露天風呂のあった方向を見ると、やはりミエマス(苦笑)。
c0161364_2122850.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-08 21:30 | 温泉 | Comments(0)