カテゴリ:旅行 関西・東海( 35 )

南海電鉄の車内にて  過ぎゆく2008年に思いをよせて

c0161364_8592068.jpg

今日で2008年が終わりますが、皆さんにとってどのような1年でしたか。

連続する時間の流れの中で、今日と明日に大きな違いがあるわけでなし、浮かれ騒ぐのは意味ないという意見もあります。でも私のような怠惰な者にとっては、そこそこに節目をつくっておくと気分が一新され、また新たな気持ちでやっていこうと前向きになれるので、大騒ぎをする必要はないけれど、区切りを設けるのはいいことだなあと思っています。



なんば駅から関空行きの南海電鉄に乗ると、横を高野山行きの電車などがしばらく並行して走ったりします(新橋あたり、山手線や京浜東北線に乗るときも同じ光景を目にします)。

さまざまな人生を詰め込んで走る2つの電車が、ある時点でそれぞれの目的地に向かって分かれていく。線路のカーブに沿って離れ小さくなっていく電車を見ているといつも感傷的になります。



皆さんにとりまして、2009年がよい年でありますように。

たまにはまた、このブログものぞきに来てください。

[PR]
by matuhuji-k | 2008-12-31 09:36 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)

中部国際空港 展望風呂『「風(フー)の湯」

c0161364_14241868.jpg

しばらく前に展望風呂がリニューアルオープンしたということで、あわただしくも乗り継ぎの待ち時間にちょっと寄ってみましたが、そう大勢にかかわるほど変わっていませんでした。

風呂に入りながら飛び立つ飛行機を間近で感じられるかと期待して行くと拍子抜けします。
やや間近に感じられるのは離陸時のエンジン音です。

入浴料は、大人(中学生以上) 1,000円、小人(小学生以上) 600円、幼児(6歳未満)200円(ただしタオル・バスタオル無し)。幼児以外はタオル・バスタオルのレンタル込み。

営業時間は、8:00~22:00(最終受付21:00)、毎月第3水曜日は18:00まで(最終受付17:00)とのこと。

また、毎月26日は「ふろの日」で700円(小人500円、幼児無料)、毎週木曜日はレディースデーとして女性は700円らしいです。

残念なのはカルキ臭が少し強いことです。温水プールに入っていると思えば気にならないかもしれませんが。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-12-20 14:40 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)

宇治上神社本殿(国宝)

c0161364_2271788.jpg

世界遺産でもあります。拝観無料(本殿・拝殿とも)。
昼の食事時の時間帯だったせいか、あまり人出は多くなかったです。
本殿は1060年ごろのものとされ、現存最古の神社建築だとか。

境内にある湧き水は、宇治七名水の一つであるとガイドブックに記載してました。

飲みたいなと思ったら、「生水は飲まないでください。飲むときは煮沸してください」というような張り紙が。
ああん、近くでペットボトル飲料を買って、中身を空にした後、それに詰めようかと、よっぽど思ったのですが止めました。ボランティアガイドの人がそばで説明していて、「私たちは慣れているから飲んでも大丈夫ですが、ほかの人は生で飲むとお腹をこわすようです」と言ってます。やっぱ、ほんの一口だけ飲めばよかったかな、こっそり。

京阪電鉄宇治駅から徒歩10分。


宇治上神社拝殿(国宝)

c0161364_22185954.jpg

おみくじをひきました。旅行の欄に「旅立て よいことあり」と書かれているのは嬉しい限り。
家庭の欄に「邪な愛は家を破り身を滅ぼします 心身共に慎みなさい」とあるのが、?
これから何かロマンスもどきの出来事が発生するのかなあ。

明日からまた香港ネタに戻ります。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-14 00:03 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)

宇治市 平等院鳳凰堂(10円硬貨のデザインに採用されてます)

c0161364_10483233.jpg


世界遺産である平等院の拝観時間は午前8時半~午後5時半、入場料は一般600円、中学生400円、小学生300円。25人以上の団体は各100円引き。院内博物館である鳳翔館の開館時間は午前9時~午後5時(入場料に含む)。阿弥陀如来坐像(国宝)のある鳳凰堂の内部観覧は別途300円必要(観覧時間は午前9時半~午後4時10分、20分ごとに定員50人の制限)。その他の情報は平等院のサイトで。
http://www.byodoin.or.jp/

私は、午後3時に行ったところ、鳳凰堂内部観覧は定員一杯で締め切られていました。がーん。だいたい、土・日は1時間待ち位になるので、午後2時までに到着しておかないと厳しいとの警備員さんの言葉。源氏物語ミュージアムや宇治上神社など うろうろ寄り道をしたのがなあ、、、。また別の機会に来たいと思います。

参道の両脇の茶店からは、なんともいえぬ香ばしいお茶のにおいが漂ってきて、よろよろと引き寄せられてしまいます。どの店もスイーツ系のメニューが充実しているようで、こりゃ困りました。血糖値が沸騰しそうな団子やらあんみつやらアイスやらが特にうまそうです。茶そばもいけてます。

自制せねばと思うまもなく誘惑に負けて、年甲斐もなく抹茶ソフトクリームを食べてしまいました。いい年こいて何しとんねんという感じです。さらに誘惑に負けて別の店で1杯100円の抹茶ドリンクを注文したら、砂糖入りの甘い飲みもので食傷(無糖の冷茶を想像していた)。懐石風の食事メニューもそそられるのがあり、食事時だったらなあと思ったところです。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-13 11:50 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)

宇治市「京都・宇治灯り絵巻」イベントリハーサル

c0161364_2316357.jpg

世界遺産である平等院が見たくて宇治市へ行きました。

ところがほかのことも楽しました。というのは、
今年は、源氏物語が書かれて1000年になるそうです。
私は古典文学にはあまり興味がないので、源氏物語の舞台が今の宇治市であるとは知りませんでした。

宇治市ではこれを記念して10月19日までさまさまな催しが行われるとのこと。
詳細は観光協会のサイトで
http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/

夕方から夜にかけては、400基の灯篭にあかりがともされて幻想的な光景になるとか(時間の関係で見られず残念)。私が通ったときは、舞台船を使って11日と12日に行われるRin’コンサート「紫のゆかりふたたび」のリハーサルが行われていました。

宇治川を遊覧する船もあって、15分程度の船旅で1人500円。こちらも時間の関係で利用できませんでした。遊覧船は、リハーサルが行われている付近で速度を落とすというサービスをしていました(いいですね)。


宇治市源氏物語ミュージアム
c0161364_231977.jpg

平成10年に開館したこのミュージアム、今年の9月3日にリニューアルオープンしたそうです。
入館料は一般500円、小・中学生250円。30人以上の団体は2割引。
私が行ったときは土曜の午後ということもあり、館内は大にぎわいでした。

30分おきに映画を上映していますが(上映時間約20分)、2時の部は立ち見しか空いてないと係の人が言っていたほどです。その映画は、源氏物語の予備知識がないとまったくストーリーが分からないもの。ちんぷんかんぷん。途中退席は無理なので(ドア開閉による光が上映を邪魔する)、私には厳しい20分間でした。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-12 23:29 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)

神戸市立博物館北側の通り

c0161364_2238074.jpg

思い込みというか、刷り込みもあるのかもしれませんが、神戸の通りを歩いていると、外観が洗練されているなあと思う店舗がいくつもあります。まあ、神戸という街のイメージに、おのぼりさんがのぼせているだけなのでしょう。


コロー展 ~光と追憶の変奏曲~
c0161364_22512615.jpg

12月7日まで神戸市立博物館でコロー展が開かれています。
展示作品の多くは風景画ですが、なんといっても19世紀のモナリザと称されているらしい「真珠の女」や、「青い服の婦人」などの人物画は素晴らしいの一言です。

結果的に、コローは人物画を書くために風景画で修練を積んだと、私は考えています(実際はリューマチで戸外へ出るのが難しくなったのでアトリエで人物画を描いたらしいのですが)。

適うならば、会期中にもう一度見に行きたいですね(経済的に無理っぽいけど)。
会場のそばにあるコンビニで前売券を売っています。

コロー展は博物館の2階・3階。1階はコローに関するビデオ上映スペースと、なぜか記念撮影場所。コインロッカー(開錠時に返金されます)も1階にあります。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-11 21:36 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)

神戸 東遊園地公園

c0161364_2192932.jpg


ある歌手のコンサートに行きました。プレリザーブを利用したにもかかわらず2階席後ろから2列目という、なんだかなあ、、、のやつです。

私のすぐ後ろの人は、演奏に合わせて一緒に声を出して歌うのです。そのこと自体、腹が立つ訳でないし、音楽会の楽しみ方は人それぞれいろいろあっていいと思うのですが、耳元でささやかれているようでくすぐったかったですねえ。

ついでに、お昼に神戸市立博物館で行われているコロー展を見に行き、途上、公園の中を通りました。
思いのほか人がいて、それぞれに初秋の日差しを楽しんでいました。


神戸 東遊園地公園

c0161364_2131349.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-10 21:14 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)

大阪市内

c0161364_21205751.jpg


福岡から大阪へ向かうときは、新幹線も飛行機も、コスト的にも時間的にも大差はありません。もちろん、乗車時間約2時間30分の新幹線にくらべ、飛行時間1時間弱の飛行機は早いのですが、博多駅から空港へ移動し、手荷物検査などに要する時間、それに伊丹または関空から大阪市街へ移動する時間を合わせたら、結局のところ有意はあまりないようです。

しかし同じ金額・時間がかかったとしても、私にとって楽しさは圧倒的に飛行機の勝ちです。

伊丹行きでは、向かって左の窓側に座ると、日田市・大分空港・松山空港・瀬戸大橋・高松空港・鳴門海峡・関西空港・りんくうタウン・仁徳天皇陵・大阪市中心部(大阪ドーム・大阪城・梅田ビル街)を見ることができます。遊覧飛行をしているかのようです。

空の上から見る大阪の街は、東京などに比べ背の高くない建物がびっしり詰まっていて、人々が生活しているという感じを強く受けます。夜に着陸するときは、香港ほどではありませんが光の中へ飛び込むかのように降りていく感じがします。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-09-19 21:52 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)

ホテル阪急インターナショナル客室から淀川を望む

c0161364_19221669.jpg

ホテルのすぐそばを阪急電鉄がはしっています。

ひっきりなしに行き来する電車を眺めて飽きません。

どこまでも並行する2本のレールの先の景色と、あまたの乗客のそれぞれの人生を 想うとすこし感傷的になります。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-09-18 19:32 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)

ホテル阪急インターナショナル客室内

c0161364_1813391.jpg

朝食は和食を選ぶと吉兆に案内されました。世間を騒がせたあの船場吉兆とは別です。

和定食についている梅干しに感動しました。上品でおいしい。あんなにおいしい梅干しには、後にも先にもお目にかかっていません。今では、「ホテル阪急インターナショナル」と聞けば、吉兆の梅干しを連想してしまいます。

委託品なのでしょうが、いったいどこで作っているのだろうと思います。尋ねれば良かったです。朝食だけ別に食べに行けば、2800円(税込3234円)なのだそうですが(高い!)、話のタネに一度はいいかも。出巻き卵などもいけてます(魚の味付けは口に合わなかったけど)。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-09-17 18:17 | 旅行 関西・東海 | Comments(0)