カテゴリ:日々の暮らし( 44 )

5月4日(祝) 小雨

c0161364_15474989.jpg

こんにちは。いかがお過ごしですか。
福岡県南部は、今日は朝からこまかい雨が降り続いています。

今日は職場へ行って仕事を整理するつもりでおりましたが、うまくいきませんでした。

朝から少し鼻がむずむずするので、鼻炎カプセルを飲んで出かけたところ、とにかく妙に眠くなり、仕事どころではありません。途中、車に戻り、シートを倒して30分弱の仮眠をとったのですがまったく効果はなく(薬物のせいで眠いので仮眠が効かないのも当たり前ですが)、仕方がないので今日は早々に切り上げました。

鼻炎カプセルは1回1カプセルのパターンが多いのですが、かつて総合感冒薬と間違えて一度に2錠のみ、死にそうになったことがありました。上京していた時だったので往生しましたねえ。映画を観に行ったのですが、開始早々、意識が飛んで、はっ!と気づくと映画は終わってました。入替制なんで、座席にすわるためだけに1800円払っただけで終わりました。そのあともよろよろ。市販薬をのむときは本当によく注意書きを読む必要があります。



ぶらっと有明沿岸道路を車で走りました。新矢部川橋も雨でけぶっています。麦は穂が出て、もうしばらくすると収穫です。ビール麦はもう収穫が終わっているところもあるようです。では、このへんで。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-05-04 16:04 | 日々の暮らし | Comments(0)

バラフェア(石橋文化センター)

c0161364_171492.jpg

石橋文化センター(福岡県久留米市野中町1015)場内のバラ園が見ごろを迎えるのを機に、「バラフェア カラー・オブ・ローズ ~色で愉しむバラのある空間~」が5月24日(日)まで開催されています。

230品種2000株のバラの色と香りを楽しめます。入場は無料です。

特に5月6日までは毎日、メインイベントとしてバラマーケット(苗の即売会、育て方相談コーナー)やバラギャラリー(切り花・押し花の展示)、音楽コンサート、フォトコンテストなど様々な催しが行われます。

また、石橋文化センターの駐車場(第1・第2)は有料なのですが(最初の2時間まで200円、以後30分ごとに100円増)、隣接する九州藍胎漆器駐車場と久留米中央卸売市場駐車場を臨時駐車場としてゴールデンウイーク中開放し、こちらは何と無料!(閉門時間にご注意)

九州藍胎漆器駐車場の無料開放:5月2日~5月6日 午前9時30分~午後6時30分
久留米中央卸売市場駐車場の無料開放:5月3、5、6日 午前9時30分~午後5時30分

私は久留米中央卸売市場駐車場を利用しましたが、午前10時40分ごろには早々に満車になっていました。有料駐車場のほうはガラガラだったけど(苦笑)。

c0161364_17361315.jpg


c0161364_17371171.jpg

場内はバラだけでなく、ほかの花々もうつくしく咲いていて、眺めて飽きません。

c0161364_17372776.jpg


c0161364_17374187.jpg


また、石橋美術館やカフェも場内にあるので、立夏の一日を楽しく過ごせます。
c0161364_17375559.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-05-03 17:43 | 日々の暮らし | Comments(0)

てうち庵 筑後店

c0161364_1758177.jpg

「てうち庵」は福岡県筑後市にあるうどん店。他に久留米市や八女市にも店舗があるようです。

私は麺類が好物で、以前は、昼食はうどんかそば、週末も1度は麺を食べに外へ行くのが常だったのですが、食後高血糖が発覚してからは、週に1回食べられるかどうかというところまで頻度を落とさざるを得なくなっています。つらいです。

そんな私が、筑後地方に数あるうどん店の中で(価格を無視すれば)1、2のうまさだと思っているのがこの「てうち庵」です。特にざるうどんやおろしうどんなど 冷たいうどんの歯ごたえと のどごしは、この店に勝るところは筑後地方にはないのではと思っています。大みそかの日は、「年越しそば」ならぬ「年越しうどん」を必ずこの店で買って、「ゆく年くる年」を観ながら「てうち庵」のうどんを食べて一年を締めくくるのがここ数年の習慣です(苦笑)。

完全手打ちを謳っていて、店内の一角にあるうどんを打つスペースは、ガラスごしに作業を見られるようにしてあります。

惜しむらくは、筑後地方の相場からすれば ちょっと値段が高いことです。他店より2割位高いでしょうか。都会のうどん店から見ればそうでもないのでしょうが、筑後地方には安く食べさせるうどん店がかなりあります。
別の機会に紹介しますが、かけうどんは210円程度で食べられる店がいくつかあるのにくらべ、「てうち庵」は300円です。

勘定を払うときに福引ができ、 次回使える100円~300円の割引券やおでん無料券などが当たるのですが(300円券など滅多にでません。50円引き券かはずれ〔粗品:ティッシュ〕が多いです)、こういったのをやめて値段を下げてほしいと私は思ってしまいます。だって割引券を使うときは福引はできないので、実質的に2回に1回しか割引対象にならないのです。

店内の様子

c0161364_1921983.jpg


お店は国道209号線沿い この看板が目印
c0161364_1922522.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-05-03 16:49 | 日々の暮らし | Comments(0)

木村屋 本店で食パン購入

こんにちは。実質的なゴールデンウイーク初日、所用で久留米市まで車で行きましたが、幹線の通行量は多いですね。ひとつの信号を抜けるのに2~3回信号の色が変わるのを見る羽目になりました。仕事がつかえていることもあり、私は宿泊を伴うような遠出はしない予定ですが、それが正解だろうと勝手に決めてます。

近場の温泉に1~2度行けたらいいなあと思っているところです、そのためにも仕事を早く片付けねば。

c0161364_1750156.jpg

用事は久留米市の六ツ門という場所のそばだったんですが、図らずも、六ツ門交差点の角にパンの木村屋があるのを発見。洋菓子が残っていれば買おうと思い、立ち寄りました。時刻は午後3時です。

店内に入ると、菓子パンの類はまだ残っていたけど、洋菓子はいちごのショートケーキが2つとチーズケーキが1つぽつんとケースにあるだけで、ほかは売り切れたのか ケースの中はがらんとしていました。

やはり来る時間帯が遅すぎたようです(ちょっといやな予感はしてました)。私はプリンが買いたかったので(苦笑)、ショートケーキはやめて、 食パン(220円)と、時節柄のかしわもち(!)を買って帰りました(私が食べるのではありません、念のため)。

c0161364_17553742.jpg

実は明日も久留米の百年公園というところに行く用があります。それは午前中なので、もう一度寄ってみようかと思っています。ではこのへんで。よい連休をお過ごしください。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-05-02 17:58 | 日々の暮らし | Comments(0)

木村屋のプリン 88円

c0161364_19575387.jpg

こんばんは。いかがおすごしですか。私のほうは、鼻風邪の具合がいま一つで、今日はとてもきつかったです。よほど早退して病院に行こうかと思いました。

スーパーに牛乳を買いに行った時、目にしたのがこの木村屋のプリンです。木村屋は、福岡県久留米市に本社のある(久留米市津福本町1377)パン屋さんなのですが、こうして洋菓子もつくっているようですね。

銀座のパン屋・木村屋總本店と名前が紛らわしいのですが、会社のHPによると、「日本のパン業の始祖といわれる東京銀座木村屋より正式屋号の称号をいただき、現在では緩やかなつながりです」とのこと。

「毎朝、焼きあがったパンをお届けする―それが私たちの伝統です。保存料や着色料は一切無添加。買っていただくお客様への感謝が、木村屋の品質を支えているのです。だから、パンが美味しい状態でお届けできる距離でしか販売していません。」というのが会社の方針のようで、無添加の食品にこだわっているなんて、わたし的には応援してあげたくなります。

このプリンも表示されてある材料は「牛乳、卵、グラニュー糖、カラメル、香料」だけで、ほかのメーカーのプリンのような添加物は使われていません。値段が88円(!)ということもあり、本当に材料はこれだけかなあ、こっそり増量剤みたいな添加物入れてるんじゃないのと半信半疑で、試しにひとつ買って帰りました。

食べると、88円にしては驚きのうまさ。やわらかな食感を出すために他のメーカーがいろいろ添加物を使っているのに比べれは、ちょっと硬い感じの歯ごたえでお世辞にも口当たりがいいとは言えませんが、こりゃ添加物は入ってないなと確信させるような自然で素朴なおいしさ。卵や牛乳の風味が生かされています。

こんなプリンが1個88円で食べられるなんて。福岡県南に住んでてよかったです(大げさですね)。

みんなこのプリンのことを知っててすぐ買ってしまうんでしょうか。私はしょっちゅう このスーパーに行っているのに今回初めて見ました。うーむ。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-30 20:18 | 日々の暮らし | Comments(0)

柳川 on 29 Apr.2009

c0161364_18572654.jpg

こんばんは。今日はどのような1日でしたか。私はせっかくの休日だというのに体調を崩し、自宅でネットをうろうろするばかり、無為な一日でした。夕方、朝食用の食パンを買いに出たので、ついでに街の写真を撮ってきたところです。

どうも鼻風邪かなというこの不調の原因は分かっています。今日未明は、NHKであった さだまさしの番組をつい最後まで見てしまい、寝たのが3時過ぎだったからです。完全に生活リズムが狂ってしまいました。

普段は午前1時を越えて起きていることなどないのです。それにしてもソフトバンクのCMソングでもある「私は犬になりたい ¥490」の歌はインパクトがありました。CDは今日から発売、値段も490円だそうです。

c0161364_18573956.jpg

ちなみに さだまさしは近く小説本を出すそうですが、そのタイトルは「あんときのいのち」と読ませるそうです。『あん時の命』って書くのかなあ。

c0161364_1858281.jpg

今日の柳川は、暖かでおだやかな一日でした。昨日のような風は吹いたけど。

追記:記事が300本になりました。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-29 19:12 | 日々の暮らし | Comments(0)

さくら2009

c0161364_9201672.jpg

こんにちは。昨日に続き、朝は少し寒い、曇り空のお天気です。

午後からは薄日がさし 暖かくなりました。

今日はWOWWOWで三谷幸喜の特集。
感想はあとで記載。

桜の花も見納めかな。自宅から歩いて3分のところで一昨日写真を撮りました。
c0161364_9193164.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-05 09:31 | 日々の暮らし | Comments(0)

On Saturday afternoon

c0161364_20302683.jpg
こんばんは。いかがお過ごしですか。
今日の柳川は、小雨が降り続く肌寒い一日でした。この雨で桜の花も散り急いでいるようです。

柳川は川下りの観光客で賑わっていますが、天気がいい日よりもぬれても気にならない程度のこまかい雨が降っている日のほうが、堀端の風情があるように私には思えます。傍らを行きかう小舟を眺めて飽きません。
もっとも、船に乗っているほうはビニール合羽をはおるので蒸れて気持ち悪いでしょうが。

柳川市立図書館の脇の風景
c0161364_20314067.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-04 20:33 | 日々の暮らし | Comments(0)

柳川市水の資料館

c0161364_2034357.jpg

柳川市水の資料館(柳川市一新町3番地1)は、市立図書館の建物に併設されているテーマ館です。
入場無料。開館時間は午前10時~午後6時(金曜日は午後8時まで)。休館日は月曜日・祝日・年末年始(図書館に準じています)。

柳川市は、掘割の総延長が約500キロにも及ぶ、日本でも珍しい水郷のまちなのですが、この掘割の歴史などをパネルや模型、展示品などをとおして知ることができます。

ただ、このテーマ館自体を所期の目的としてつくられたわけでなく、図書館建設時に国の補助金を得る手段として(複合施設にするために)テーマ館をくっつけたという感じが否めません。だから、とてもこじんまりとしていてあっというまに一通り見終えることができます(苦笑)。でも、ビデオなど鑑賞用のソフトもいくつか用意されているので、川下りなどを行う前に立ち寄ってみると、川下りがぐんと感慨深い、印象に残るものになると思われます。
西鉄柳川駅からちょっと離れているのが難点。

c0161364_20335769.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-04-03 20:34 | 日々の暮らし | Comments(0)

有明海沿岸道路一部新規開通でアクセス道路は渋滞

c0161364_19112939.jpg

福岡県柳川市と同県みやま市を結ぶ、自動車専用道路である有明沿岸道路・高田IC-大和南IC間(新矢部川橋部分)が3月14日午後3時に開通しました。

当初は昨春開通の予定でしたが、矢部川に架かる建設中の橋の橋脚付近の地盤沈下対策工事が必要となったため、この橋を含む高田IC-大和南ICの開通は延期されていました。

自動車専用道路でありながら当初から通行料は無料。国道208号線渋滞緩和の役割も担っています。これまでは、川の上流にかかる国道208号線(浦島橋部分)は朝夕、通勤の車などで渋滞し、橋をぬけるのに20~30分かかっていました。

開通セレモニーの様子が地元の新聞・テレビで大きく報道されたせいか、今日3月15日昼過ぎは、橋へつながるアクセス道路が一時渋滞。どう考えても「どんなものかちょっと通ってみようか」というひやかし組が多かった感じです。

開通まで足掛け3年、工事の様子をほぼ毎日見ていたので、感慨深いと同時に、時間の流れを実感します。

工事開始のころ
c0161364_19295461.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-15 19:38 | 日々の暮らし | Comments(0)