カテゴリ:旅行 香港( 81 )

トンチュン アウトレットモール

c0161364_20444170.jpg

夏冬のバーゲンの時期以外は、ブランドショップは、ほんとつれない値段設定をするなあと、10月に香港を訪ねてそう思いました。

私は香港へ行くと、ラルフローレンやブルックス・ブラザース、アクアスキュータムの店を覘いて、シャツやニット類を1~2枚、一番リーズナブルな値段で売ってるところで買うのを楽しみにしています。

ラルフローレンのシャツは、香港のセールだと1枚5千円前後で買えるので、日本で買うのは ばからしいのです。ポイントは、「final reduction」 の時期の日曜日にハーバーシティなどのショップに行くことです。日曜日に限ってさらにバーゲン価格から1割引きとか3割引きになることがあるからです。もっとも、めぼしいものはその前日などに売り切れたりするので、日曜まで待つのも良し悪しなのですが。

しかし、今回は、ほとんど日本で売ってるのと同じ値段で、街中のショップでは何も買いませんでした。


セール以外の時期に香港へ行ったら、このトンチュンのアウトレットモールです。ラルフローレンもブルブラもアクアスキュータムも店を出しています。

ラルフローレンは、平常1万香港ドル弱のスーツが3千香港ドルで売ってました。ネクタイは300香港ドル強あたり。

笑ったのは(失礼)、アクアスキュータムで売られていた、トランクス50香港ドル。安いなあ。日本のデパートの平常価格は「ぼったくり」ではないでしょうか(失礼)。

なべて、街中のショップの値段の半額前後の値段設定のようです。もっとも、処分品なので流行遅れなのでしょうが。

私が購入して感心したのは、日本から撤退したカジュアルブランド「NAUTICA」のシャツ。200香港ドルで売ってましたが、ジョルダノやG2000、BOSSINIなどの現地ブランドの同等のシャツに比べると、生地も作りも断然優れています。2千数百円でこんなしっかりしたシャツが買えるとは。ビジネスシャツも作ってくれないかな。

c0161364_2045710.jpg


c0161364_20452284.jpg

噴水を見ながら、ハーゲンダッツのアイスを食べるのがまたいいです。香港に行かれたら、アウトレットモールに寄られることを勧めます。空港からだとバスで。香港・九龍方面からはMTRで。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-10-03 20:43 | 旅行 香港 | Comments(0)

香港国際空港 到着ロビー CDコーナー

c0161364_19465067.jpg

香港国際空港到着ロビーのちょうど中央付近、「優の良品」ショップの隣に香港ドルを引き出せるCDコーナーがあります。

香港を訪れる際、市内への交通費を考えると、小額でも現金が手元にあったほうがいいと考えるものです。成田や関空の出発フロアの銀行両替所を利用したり、香港到着後、ちょうど入国審査・税関を抜けた先、ホテル案内所や観光パンフ置き場がある一角の両替所を利用したりする人も多いでしょう。でもこれはやめたほうが賢明です。ほとんどぼったくりと思えるほどの率の悪さです。

それより、このCDコーナーで、クレジットカードを使い200ドル程度引き出したほうが、手数料を勘案しても有利です。次回香港を訪れるとき、具体的な状況を検証し、ここに追記したいと思います。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-10-03 19:45 | 旅行 香港 | Comments(0)

マリオット香港スカイシティホテル

c0161364_175547.jpg

深夜便で香港に着くのと、マリオットホテル系列なのに1泊1万円ちょっとで泊まれるということから、ネットで予約しました。ネット情報ではバスタブ付の部屋もあるとのこと(シャワーのみの部屋も)。予約時のリクエスト欄「バスタブあり希望」にチェックしておきました。

NH911便で香港へ。入国審査を抜けたのが午後11時すぎ。送迎バスがあるので、到着フロアのマリオットホテルのブースへ行き、プリントアウトしておいた宿泊予約控を見せたらバス乗り場まで案内してくれました。エレベーターに乗ったりするので、乗り場まで5分近くかかります。

ホテルまではダイレクトに行き、8~10分程度で到着。フロントでチェックイン手続き。禁煙か喫煙かと訊くので禁煙を希望。カードキーを渡されて部屋へ行くと、これがシャワーのみの部屋。すぐにフロントへ引き返し、バスタブ付きを予約していたと部屋の変更を申し出ました「禁煙のバスタブ付の部屋は満室、喫煙室でもいいか」と言われ、それでよいと言ったら、5階のバスタブ付きの部屋へかえてくれました。

部屋は、かすかにタバコ臭はあるものの、気になるほどでもなく、一安心。眺望は最悪ですが、ぜいたくは言ってられません。

c0161364_1753660.jpg

枕の類が7つもあって、ちょっと苦笑いをしました。

c0161364_1761392.jpg

水まわりはこんな感じです。

c0161364_1763478.jpg

男一人なので、アメニティもこんなもので十分です。

c0161364_176526.jpg

一応、ガウンも用意されていました。

c0161364_1771254.jpg

玄関前に、空港やトンチュンへ行く送迎バス乗り場があります。20~30分おきに出るので、まあ便利です。このホテルは、エアポートエクスプレスのワールドエキスポ駅に隣接しているのですが、改札口からホテルまでは意外と歩かされます。一度試したら、駅のプラットホームに降りてから自分の部屋に着くまで20分近くかかりました。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-10-02 16:59 | 旅行 香港 | Comments(0)

香港再来

c0161364_1211336.jpg

c0161364_12122999.jpg

c0161364_12182753.jpg

変化をしながら いつも変わらず活気あふれる香港のまち、人混み。ほんと、香港へ行くとすくっと気持ちが起き上がりますね。どんなにストレスがたまっていても、吹き飛ばしてもらえます。不思議だな。

c0161364_12151498.jpg

マクドナルドのデリバリーサービス。
このごろは、日本でも始める店舗が出てきたようですが。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-10-01 12:10 | 旅行 香港 | Comments(0)

エスプリ 電飾

c0161364_1282159.jpg

エスプリの電光表示板。円盤の集合体にするところに、アイデアというかセンスを感じました。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-10-01 12:07 | 旅行 香港 | Comments(0)

スターフェリー チムサーチョイピア コーヒースタンド

c0161364_20264148.jpg

あれほどスターバックスコーヒーは香港でも流行って客で混雑しているのに、このローカルブランドと思われる、スターフェリー乗り場のコーヒーショップには、いつ通っても何度通っても客がいるのを見たことがありません。

そういう私も買ったことはないのですが。今度、8月か9月に行くときは、ぜひ寄ってみようと思います。
[PR]
by matuhuji-k | 2010-04-17 20:25 | 旅行 香港 | Comments(0)

チムサーチョイにて  

c0161364_20141317.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-25 00:01 | 旅行 香港 | Comments(0)

亜利咖哩屋(アリ・カレーハウス)

c0161364_23132516.jpg

写真はマカオタワーからの眺め

マカオタワーから歩いて20分弱、ペンニャ教会のふもと、バスも通る大通り沿いに亜利咖哩屋は存在します。一人でも入れる雰囲気の食堂。隣にある「ヘンリーズ・ギャレー・マキシム」というマカオ料理のレストランは有名で、ガイドブックにも掲載されているので、場所は分かりやすいと思います。

この店に入り、結構お腹がすいていたので、とうもろこしのスープとシーザーズサラダ、ドライカレー(というか、写真付きのメニューを見て決めたので正式な料理名は別)、デザート一品を頼みました。大衆食堂を連想させるリーズナブルな値段設定。

コースのような感じで頼んだので、最初にスープが運ばれ、次にサラダがやってきました。

そうしたら、スープもサラダも日本で言うところの「どんぶりサイズ」の器入り。これがそこそこうまいので、がっついて食べていたら、メインのドライカレーが来るころにはすっかりお腹が満たされ、ドライカレーが入る余地はありません。私は甘党で(苦笑)、デザートは外せないので、ドライカレーは少し口をつけた程度で、あとは下げてもらうよう言いました。デザート待ちです。

ところが、店の方では、ドライカレーがまずくて食えないから下げてくれと言ったと勘違いしたようで、ウェイターが申し訳なさそうな顔をして「サービスだ」と言って、頼んでいたデザートに加えてショートケーキまで持ってきました。いやあ、申し訳ないです。ほんとうに良心的な店、アリ・カレーハウス。またいつか絶対に行くからね。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-15 00:01 | 旅行 香港 | Comments(0)

マカオタワーを歩く

c0161364_22302016.jpg

外縁は幅が2メートル近くありますが、さすがに最初は足がすくみます。ついつい、命綱を両手でつかんでおきたくなり、その度に「綱は片手で持つようにしてください」と注意が。

インストラクターは、「はいここで綱を離して片足立ちしてみましょう」とか「綱を片手で持って、できるだけ端まで行ってください。はいそこで足を上げて!」「縁に腰かけて足を外に出して」と指示が細かいです。そしてその都度デジカメで撮影してくれます。ただ、私の方は足がすくむのでなかなか思う通りにいきません。

自分としては、端から10センチくらいのところまで足を出しているつもりが、後で写真を見たら30センチくらい余裕がありました(苦笑)。

30分近くかけて、ぐるりと一周するのですが、なんとか最後のほうでは、足のすくみと胸の鼓動が落ち着きました。風は吹いていましたが、強風ではなかったのがよかったです。

中に戻り、着替えて、記念品に撮ってもらった写真を焼き付けたCDを買いました。150ドル。ちょっと高いかな。メンバーシップカードと書かれた名刺サイズの紙をもらいました。スタンプを押していくようになっていて、カードを提示すれば、次回は割引。スタンプが4個たまると1回無料でスカイウォークができるとのことです。

c0161364_22501841.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-14 22:55 | 旅行 香港 | Comments(0)

マカオタワーを歩く

c0161364_21482584.jpg

マカオタワー1階の入場口でスカイウォークをやりたい旨伝えて料金を払います。チケットを渡され、エレベーターで上へ上るよう言われました。エレベーターの場所までは、階段を降りて少し歩かなければなりません。

その途中、「歌舞伎町一番街」と看板のかかった通路を通ります。マカオタワーのイメージとかけ離れた、あまりにベタな内部のつくりに興ざめ。私は、外国に行って、日本的なもの・日本を模倣したものに出会うとため息が出ます。

61階の屋外展望台に着いて、係員にチケットを渡します。つなぎ服のように上下が一体となったオレンジ色の派手な衣料とロッカーのカギを手渡され、着替えるよう更衣室へ誘導されます。その際、腕時計・アクセサリー類その他突起物は全部外すよう念押しされました。

着替えた後、ロッカーのカギは、衣服のポケットにいれマジックテープで留めます。
誓約書に署名させられました。

もう一人、大阪から2人でマカオに遊びにきたという日本人と一緒にスカイウォークをすることになりました。友人は高いところが苦手なので中で待っているとのこと。

インストラクターが衣装の上から命綱を装着するための金具のついたベルトを取り付けます。インストラクターは20代前半の日系人でした。父が中国人、母が日本人だとか。日本語は堪能で、説明も日本語で行われました。

インストラクターが鍵を使ってドアを開けます。この辺は管理がしっかりしています。私たちも外へ出ます。ただしフェンスで囲まれているので、それほど怖くありません。

ここで金具に命綱をセット。思ったより細い綱だったので、これで大丈夫かと少し不安にあります。また、金具と命綱の接合部分も太くないのでまたまた心配。

インストラクターが「では、行きましょう」と声を掛けてフェンスを押し開けます。
いよいよです。
[PR]
by matuhuji-k | 2009-03-13 23:36 | 旅行 香港 | Comments(0)