「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

スターフェリー

c0161364_22193365.jpg

柳川では毎年11月1日~3日、白秋祭というものが開かれるのですが、とにかく公私の業務の関係で、自宅でパソコンを思うように触れない状態。なんだかなあ。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-31 22:20 | 旅行 香港 | Comments(0)

ペニンシュラホテル

c0161364_22145714.jpg


後日記述
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-30 22:15 | 旅行 香港 | Comments(0)

DFS近くの通りにて

c0161364_2181237.jpg

香港のまちの美観が保たれているのは、雨の日も風の日も日が照りつける日もせっせと清掃作業をしている人たちのおかげ。

香港の香港たる所以は、天気が悪い日は、普通の雨合羽を羽織らずに、傘様の帽子をかぶってみたり、ごみ袋を体に巻きつけてみたりするところです(微笑)。


ごみ袋を雨合羽の代わりに体に巻いて作業
c0161364_22585346.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-29 21:09 | 旅行 香港 | Comments(0)

オーシャンターミナル横

c0161364_23222952.jpg

香港は東京と同じく、金さえ出せばいろんな国の料理をそこそこの水準で食べられますが、香港で安くてうまいのは、当たり前ながら、やはり地元民が利用する中華料理(麺・粥)。

逆に、これまで香港に行って食べた中でもっとも腹が立ったのは(というか、脱力したのは)、モーニングセットで出てきたハム、ソーセージ、食パン。

香港には「チャーチャンテン」と呼ばれる、食堂と喫茶店の折衷みたいな店があちこちにあって(某ガイドブックには、「日本でいえば大衆食堂やファミレス、喫茶店をカバーするマルチな存在」と記述してあります)、朝は20香港ドル程度で食べられるモーニングセットがあります。

セットの中身は当然 店によって異なるけど、飲み物+サンドイッチ(またはトーストとハムエッグetc)+スープといったところがスタンダードのようです。

ここで出てくるハムやソーセージがとにかく臭いのです。食品添加物をがんがん投下しましたあ、と叫んでいるような味。また、食パンはどういう風に作るとこんなになるのかというくらいパサパサで味がありません。

なお、香港の西洋系料理を出す店の名誉のために付け加えますと、タルト専門店や、クロワッサンの絵柄を看板に掲げているカフェ風のベーカリーは、まともですのでお間違えなく。

私がありゃりゃとため息をつきたくなるのは、あくまでもチャーチャンテンで出てくるハム・ソーセージ・食パンです。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-28 23:22 | 旅行 香港 | Comments(0)

スターフェリー

c0161364_1953597.jpg

若いころは、飛行機に乗って異国へ行き、ただ見知らぬ土地を歩くだけで幸せだったので
食事にはどちらかというと無頓着でした。空腹を満たせばよしとすることが多かったです。
だからよくマクドナルドに世話になりましたね。

マクドナルドは国によって微妙にメニューが違います。
イギリスの店には紅茶があり、フランスには野菜サラダがあり、ドイツにはビールがあるのです。
それぞれのお国柄を反映していて、メニューを確認するのも楽しいものです。

香港で最初にマクドナルドに行ったときの感想は、「安いなあ!」でした。

まだ日本で100円マックなどをやってなかった時代。日本で210円のハンバーガーが香港では4香港ドル(約60円)。ビッグマックのセットで、21香港ドル程度でした。今もそう値段は変わらないと思います。セットメニューにお約束のようについてくるケチャップを使うか使うまいか悩んでいたことを思い出しますねえ。

今ならば、絶対マクドナルドとか行くことはなく、麺専門店になるのですが、当時は圧倒的にマクドナルド。一人者にとって入りやすかったから。店内が混んでれば持ち帰ってホテルで食べられますし。相席を気にしなくていいし。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-27 20:01 | 旅行 香港 | Comments(0)

On 26 Oct. 2008 小雨のち曇り 自宅の庭先で

c0161364_16345750.jpg

朝方から雨が降っているせいか、かなり肌寒いです。

午前中、いきつけの日帰り温泉施設へ行ったところ、
1階の広場で「おにぎりコンテスト」をやっていました。
海苔巻きおにぎりやチャーハンおにぎり、オムライス風おにぎり、太巻き風おにぎりなどがそれぞれの皿にのせられ、並べられています。地産地消推進の立場から、地元産の新米を使っているようです。見た目や味などを審査するとか。

私が行った時は、ちょうど審査員が審査を始めたところでした。審査終了後は、一般の来場者にふるまわれるとのこと。

今日は26日、風呂(ふろ=26)の日ということで、かなりの来場者があって(次回使える半額割引券がもらえるから、目当てに来る人が多い)、審査の様子を見ていました。


*よく、「忙しい」の漢字は、心を亡くしていると書くと言われますが、毎日そばを通る自宅の庭先に、色鮮やかに花が咲いていることに気づいていませんでした。いかんいかん。
                                                   
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-26 16:35 | 日々の暮らし | Comments(0)

On 25 Oct. 2008

c0161364_16322156.jpg

今日印象に残ったこと:
島田 智哉子(しまだ ちやこ)民主党参議院議員の歴代首相に関するたとえ話。
彼女は歯科医でもあるそうです。

歴代首相を歯科医に例えれば
小泉首相;左の歯が痛いという患者に、「んん、まあそっちはおいといて、こっちを治療しよう」と
 虫歯のほうは放置して、悪くないほうの歯をいじってしまう。
安倍首相;歯が痛いから治療してという患者を前に、「美しい歯、日本」と訳のわからないことだ
 け言っている。
福田首相;歯が痛いから治療してという患者に、「まあ、そういうこともあるよ」と、ひとごとのよう
 に言う。
麻生首相;歯が痛いから治療をという患者に、「治療をするかしないかは自分が決める」 と言う。


果たして民主党は、鳥のように高く羽ばたくことができるでしょうか。
個人的には応援したいのですが、、、
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-25 23:29 | 日々の暮らし | Comments(0)

コスモポリタンホテルの横はハッピーバレー競馬場

c0161364_2227414.jpg

コスモポリタンホテルは横がハッピーバレー競馬場なので、競馬場側に当たる高層階の部屋からは緑がきれいなターフコースを望むことができます。ただし、そこはホテル側も抜かりはなく、「コースビュールーム」として値段もお高くなっています。

私が滞在したときは競馬開催時ではなかったので(ハッピーバレーでは通常、初秋から翌年初夏までの毎週水曜日の夜に開催される〔ナイター競馬〕)、馬が走る様子は見られませんでしたが、ライトに照らされた芝生でのレースは美しいだろうなと思います。

また、このホテルは、バスタブを設置している部屋は料金の高い一部に限られています。
今後、私が使うことはないかなあ。
[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-24 22:27 | 旅行 香港 | Comments(0)

コスモポリタンホテル テーマスイート

c0161364_20162620.jpg

旅行を計画し、海外のホテルを予約するときは、ネットであれこれ旅行会社のサイトを行き来して料金やロケーション、設備などを調べます。
繰り返しになりますが、私にとっては、この準備作業が旅行の楽しみの半分近くを占めると言っていいでしょう。

かつて「香港ナビ」というサイトを見ていた時、「コスモポリタンホテル 期間限定 先着10組までスタンダードルームの料金でスイートルームにアップグレード」というのを見つけたのでさっそく申し込みました。スタンダードルームは1泊9千円程度でした。

プリントアウトしたクーポン券には備考欄に「スイートルームへアップグレード」と日本語でしか書かれてなくて、英語表記部分には「スタンダードルーム2泊」とあるのみ。一抹の不安がありました。

当日ホテルでチェックイン時に渡された鍵を持って部屋へ行くと、案の定そこはスタンダードルーム。フロントへ引き返し、クーポン券控を見せて抗議するもフロントマンは「?」。ここにアップグレードと書いてある、予約記録に記載されていないのかと言っても、私の乏しい英語力ではそのへんうまく説明できません。相手も日本語は読めず、「? なに言ってんだ?」という表情です。こりゃ困りました。

思案していると、このホテルには日本人スタッフがいると「香港ナビ」が紹介していたことを思い出しました。運よくちょうど別フロアで勤務中だったので降りてきてもらい事情を説明したところ、調整してくれました。

**
テーマスイートとは、フロア別で、スイートルームに特徴をもたせているとかで、マッサージ機が設置してあるとか、子ども向けにぬいぐるみがいっぱいのあるとか、大型AV装置を設置してあるとか。まあ、それがなんだという感じですが。

スイートだけあって、リビングとベッドルームが分かれています。
ベッドルームにもテレビはあるので、私はもっぱらベッドルームしか使わず、日中は外に出て寝に帰るだけなので、
やはりスイートルームを使いこなす器量はないようです。

 コスモポリタンホテル テーマスイート
c0161364_20173363.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-23 20:18 | 旅行 香港 | Comments(0)

スターフェリーにて

c0161364_6203513.jpg

マカオのドッグレースの帰り:
香港からジェットフォイル(水中翼船)で1時間弱のマカオでは週に4回ドッグレースが開かれています(火・木・土・日)。競馬というものは日本でもなじみが深いのですが、観光ショーではないドッグレース(ちゃんとした賭式の、という意味)とはどんな雰囲気か見てみたいと思って行きました。

グレイハウンド犬が、獲物のにおいを染み込ませた模型を追って、楕円形のコースを駆けます。
ちゃんとパドックらしきものがあって犬の状態をみられたり、返し馬ならぬ”返し犬”で観客の目を歩いていったりするのは微笑ましい限りです。

レースは、割とスピードがあって見ごたえがあります。2コーナーから3コーナーにかけては、抜きつ抜かれつではらはらしたりもしますが、最後の直線で追い込みが決まることは少なく、先行逃げ切りのパターンが多いようです(断言はできませんが)。

レース自体は最大6頭立てなので、よほど「穴犬」がこない限り配当は高くなりません(ただし3連単があるので万馬券ならぬ万犬券はよく出るようです)。旅先と言うことで気が大きくなって掛け金を大きくしなければ、小額の資金でそこそこ転がして遊べます。ただ、20分おきに発走なので、パドックをしっかりみようとすると、勝犬投票券(!)を買うのに非常にあわただしくなるのがちょっとイクないですね。

帰りは混雑する路線バスに乗り、夜の街を散策するためホテルのだいぶ手前で降りて、ぶらぶら歩いてみました。ちょっとお腹がすいたので、目にとまった「粥・麺」の看板を掲げた店に入りました。

まいどのワンタン麺(「ワンタンミェン」と言えば通じるので楽だというのも理由ですが)と時菜(ゆでた野菜に沸かした油やオイスターソースをかけたもの)を注文。

驚いたのは、出てきた野菜がレタスだったこと。レタスは生のものにマヨネーズかドレッシングをかけ、サラダとして食べるものだと思っていただけに、あつあつのレタスには心底たまげました。しかもシャキシャキ感が損なわれておらず、うまい!どうやって作っているんでしょう。

こういったこともあるから、ガイドブックを離れて予備知識無しで食堂に入ることがやめられないんです。



スターフェリーにて
c0161364_6194365.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2008-10-22 06:22 | 旅行 香港 | Comments(0)