<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ちなみにケビン・スペーシー in Singapore

c0161364_230273.jpg

シンガポール交響楽団のコンサートがひけて、会場の外に出てふと見れば、ケビン・スペーシーがこのシンガポールでリチャード3世の芝居をやるとの看板が。うひゃー、見てみたいと思いましたが、これこそチケットはとれないだろうなあ、それに、この時期(2011年11月17日-26日)にシンガポールへ来る時間と金もないし(TT)。ため息ため息。
[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-16 22:57 | 音楽・演劇 | Comments(0)

シンガポール交響楽団 with ニコライ・デミジェンコ

c0161364_22173388.jpg

ホテルの部屋にあった情報誌を見ていたら、エスプラネードホールでコンサートがあることを知り、5段階くらいある区分の真ん中のシートが45シンガポールドルと手頃な値段だったので鑑賞することに。当日、会場のチケットブースで購入。
c0161364_22225588.jpg

当日のプログラムは、ピアノ協奏曲を含む3曲。指揮者はラン・シュイ(日本にも来てますね)、ピアノストはニコライ・デミジェンコ。贅沢な組合せなんでしょうか、私にはよく分かりませんが。客席は8割ほどの入り。なので、空席も目立ちます。開演間際の舞台をちくっと撮影(いかんですな)。
c0161364_22281425.jpg

肝心の音楽はというと、音的に、私にはぐっとくるものがありませんでした。場所(前から5列目)が悪かったのか、ホールがぱっとしないのか、オーケストラの力量がいまいちなのか、私の体調が音楽を聴く体制になかったからか、そのへんはもう1回くらいこのホールの演奏会に来てみないと何とも言えませんね。以下、ウィキぺディアから文章を転載します。


ニコライ・デミジェンコ ウィキぺディアから転載
ニコライ・デミジェンコ(Nikolai Demidenko, 1955年7月1日 - )は、ウクライナ系ロシア人だが、主にイギリスで活躍するピアニスト。

モスクワ音楽院にてディミトリー・バシキーロフに師事。1976年度モントリオール国際ピアノ・コンクールと、1978年度チャイコフスキー国際コンクールにおける入賞者。1980年代には、スヴェトラーノフやフェドセーエフのお気に入りのピアニストとして、しばしば世界中でチャイコフスキーのピアノ協奏曲を演奏して回り、この時期はたびたび来日もしている。1991年に渡英、演奏家としての成功を受けて同地にとどまり、現在はユーディ・メニューイン音楽学校で教鞭を執る。チャイコフスキーの協奏曲、ラフマニノフ、スクリャービン、メトネル、プロコフィエフといったお国もののほか、スカルラッティ、ショパンやリストなども得意としている。近年は祖国の往年の大ピアニスト、サムイル・フェインベルクが編曲したバッハ作品集もレパートリーにとりあげ、録音を行なった。

ともすれば骨太な響きと、たたき付けるような情熱的な演奏を繰り広げがちなロシア系ピアニストの中にあって、デミジェンコは速やかで軽やかな指さばきと、えもいわれぬ弱音の美しさが特徴的であり、時にはルバートや表情づけの多用によって、ややナルシシスティックな一面を浮かべることがある。スクリャービンやメトネル、リストの演奏で見せるように、しばしば作品の解釈も大胆である。

彼はイギリスのレコード会社「ハイペリオン」と録音契約を結んでおり、大部分のCD録音はハイペリオン社から出ている。同社を代表する看板ピアニストの1人として、会社からの信頼も厚い。


シンガポール交響楽団ウィキペディアから転載
シンガポール交響楽団(Singapore Symphony Orchestra)は1979年に創設されたシンガポールのオーケストラ。現在の音楽監督はラン・シュイ。楽団員は96名。団員のほとんどがシンガポール出身である。首席客演指揮者はフィンランド出身のオッコ・カム。

2002年までヴィクトリア・コンサートホールで定演が行われたが、現在は同年に完成したエスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイを本拠地を構えている。これまで、中国、マレーシア、日本、イタリア、スペイン、イギリス、ギリシャ、トルコ、アメリカで海外公演を行った。

一般にもクラシック音楽を楽しめようと、2000年に無料野外コンサート「SSO Goes Pop!」を開催。現在は年間50公演行われている
[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-16 22:14 | 音楽・演劇 | Comments(0)

オーチャード駅 通路天井電飾

c0161364_2252261.jpg

シルエットの魚類(ときには亀のような形状のものも)が泳ぎ、見ていて飽きません(まあ、10分もすれば飽きるわけですが)。こうした仕掛けは日本でも増えてきました。パネルにタッチするとそこに向かってCGの生物が寄って来る仕掛けとか。
[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-08 22:03 | 旅行 その他 | Comments(0)

シンガポール オーチャードロード素描

c0161364_21545366.jpg

異国の街を歩くと、ポスターや看板、人々の格好など、触発されるものが多くていいですね。とても参考になります。外国に行くとそうした刺激で体も活性化され、結構たべても血糖値の上昇が抑えられるのは、免疫も活性化されるからだと思っています。
c0161364_21584472.jpg

c0161364_21595323.jpg

c0161364_21591018.jpg
c0161364_21593129.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-08 21:51 | 旅行 その他 | Comments(0)

マリーナ・ベイ・サンズ ショッピングアーケード

c0161364_22457100.jpg

マリーナ・ベイ・サンズのショッピングアーケード、まあ店舗数も多く、デザイン的にもいい感じですが、それ以上でもそれ以下でもなし。私には特に特筆すべきものはありませんでした。ショッピングが好きな方は、また別な感想を持たれることでしょう。

c0161364_22493358.jpg

シンガポールのセール。ブランド関係は香港などに比べると、あまり魅力を感じません。私は外国へ行ったときは、ラルフローレンのシャツを自分へのお土産として1枚買うことにしているのですが、香港などに比べ、シンガポールのラルフショップは、店のウインドウに大々的にファイナルリダクションと掲げているにもかかわらず、さっぱり安くなっていません。

香港だと定価800HKドルあたりのビジネスシャツ(日本だと1万3千円で売られている。ひどい設定だなあと思います)が3割引き程度(ものによっては4割引~半額)になるのですが、シンガポールはもとの価格(定価)が日本並みなので3割引かれてもあまり購買意欲がでないですよねえ。その程度の割引は日本でもやってるし。
[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-07 22:43 | 旅行 その他 | Comments(0)

マリーナ・ベイ・サンズ 屋上テラス 大行列であきらめる(TT)

c0161364_2227477.jpg


目当てのサンズ屋上テラスは入場券売り場に長蛇の列。事前の調べでは、そこまで混んでないということだったので、当てが外れがっくり。じっと待ってもいいのだけれど、今回はあきらめ、楽しみは次回シンガポールに来るときまでとっておくことにしました。うらめしく写真撮影。

c0161364_2231815.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-07 22:11 | 旅行 その他 | Comments(0)

マリーナ・ベイ・サンズ トイレ

マリーナ・ベイ・サンズの屋上テラスを見に行こうと、バスに乗車。ミネラルウォーターやコーヒーの飲みすぎか、バスに乗っているときから尿意をもよおし、サンズに着くやいなや、トイレを探す始末です。 そのサンズのトイレ、さすが、デザインこってます。
c0161364_229353.jpg


洗面台もこってました。
c0161364_229464.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-07 22:02 | 旅行 その他 | Comments(0)

NEW ASIA BAR(エクイノックスコンプレックス 71F)

c0161364_2134331.jpg

スイソテル・ザ・スタンフォード ホテルの最上階には、レストランやバーの複合施設があり、絶景を眺めながら飲食ができるとのこと。宿泊は低層階だったので、高層の景色も見ておこうと、71階のバーに行ってみました。

夜遅くはとても混雑するらしいので、きっとまだ誰もいないであろう、夕方6時30分に訪れたところ、それでも客はそこそこいました。窓側の席を確保し、タイガービールを注文。
c0161364_21424929.jpg

つまみのクラッカー付きで8シンガポールドル(税サ込で9.42シンガポールドル)。600円くらい。私は、まあ妥当な値段設定だなあと思いました。その後、追加でハイネケンビールを頼んだら、そちらは9シンガポールドル(税サ込10.54シンガポールドル)でした。

シンガポールフライヤーやサンズを見下ろす景色は、見ごたえあり。刻一刻と夕暮れが濃くなる様子と合わせ、良い時間を過ごすことができました。
c0161364_21521637.jpg


まるで映画の一場面のような光景にも出くわしました(苦笑)。
c0161364_21534457.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-06 21:31 | 旅行 その他 | Comments(0)

ラッフルズホテル ただし見学(TT) 追補

c0161364_21113022.jpg
c0161364_21115112.jpg
c0161364_2112719.jpg
c0161364_21122390.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-05 21:08 | 旅行 その他 | Comments(0)

ラッフルズホテル ただし見学(TT)

c0161364_20352615.jpg

私の泊まったスイソテル・ザ・スタンフォードの隣のブロックに、ラッフルズホテルは位置しています。歩いて2、3分程度。ラッフルズホテルは、シンガポールのホテルの中でも最も格式のあるホテルだと言われています。料金も高いですね、1泊1室4万円を超えるよう。私には手が出ません。

c0161364_20405344.jpg

ショッピングアーケードもあって、こちらは宿泊客でなくても出入りができます。

c0161364_2042883.jpg

ここではルイ・ヴィトンも、ショップの外観はラッフルズの様式を壊さないよう地味目ですね。

客室棟の入り口には、宿泊客以外お断りの表示がしてあって、ただし遠目に客室棟を眺めることはもちろんできます。 雰囲気あるなあ。 いつか泊まれる日が来るかなあ、いや無い、安いホテルを選んでその分、違うことに金を使うはずだ、私の場合、と思いました。

c0161364_20515854.jpg

[PR]
by matuhuji-k | 2011-07-05 20:32 | 旅行 その他 | Comments(0)